きたがく 塾ブログ 
FC2ブログ

丸付けまでが宿題です!

こんにちは!

さて、今回は宿題チェックの際に気になったことをお話しします。

以下、実際の会話です。


先生「Tくん、宿題ちゃんとやってきた?」

Tくん「やってきたよ!はい!」

先生「どれどれ・・・ん?丸付けはしたの?」

Tくん「あ、今丸付けしまーす('◇')ゞ」


ちょっと待ってください。
宿題は「丸付けをしてくるまでが宿題」です。
丸付けをやっていないのは、宿題をやっていないのと変わりません。


丸付けまでしてこなければならない主な理由としては、


①間違えた問題を放置することになる

丸付けをしないと、答えが合っているどうかがわからないですよね。
本人もそうですが、先生もどこがわかっていて、どこがわからなかったのかの判断がつきません。

ただ宿題をやるだけでは、成績は上がりません。
丸付けをしっかりやって、どこがわからないかを見つけて、解き直しをしてできるようにする。
そして、忘れないうちにもう一度復習する。

ここまでやって、初めてその問題が「解ける」ようになります。
もし宿題をやってわからないところがあったら、必ず先生に聞くようにしましょう。


②授業時間が減る

授業が始まってから丸付けをするので、その分の授業時間が削られてしまいます。
そのため、その日に勉強する予定だった内容が終わらなくなってしまう可能性があります。

だからと言って、早めに塾に来て丸付けをすればよい、というわけではありません。
事前にしっかり丸付けして、「ここがわからないから次の授業で先生に聞こう」という準備までをやってくるようにしましょう。



たかが丸付け、と思われるかもしれませんが、成績が上がる子はこのようなことを1つ1つ着実に積み上げていっています。
今まで丸付けをしてこなかった皆さんは、必ずやってきてくださいね!

副教科の勉強法

こんばんは、発寒教室です。



さて、今回は副教科についてお話をします。
副教科のみのテストということで、たまに全く勉強せずにテストに臨むという人もいるのですが、副教科も成績やランクに関わってくる大事な教科です。
特に実技が苦手な人にとっては成績を上げるチャンスでもあるので、必ず対策しておきましょう。

先日、生徒から
「どうやって副教科のテスト勉強をすればいいのかわかりません」という質問がありました。
確かに、塾では副教科を取り扱っていませんし、副教科のテストは作る先生によって内容が大きく変わってくるので、対策しづらいという面はあると思います。
逆に言うと、やれる対策に限りがあるので、やったかやっていないかで大きく差が開いてきます。

では、何をやればいいのかというと

・(あれば)学校ワークを繰り返し解く
・授業で習ったことの復習(ノートの見直しなど)
・授業でもらったプリントの見直し
・教科書で重要語句の確認
・その他、テスト範囲表に載っている内容

要するに、まずは授業でやったことをしっかり復習して、ノートやプリントなど自分の持っているものを使って勉強すれば十分です。
それだけで対応できない問題がでた場合は、他の人もできないはずなので気にしなくてよいです。

副教科だからと言って手を抜かずに、やれることを1つ1つ行っていきましょう!

カレンダーを見て計画開始!

こんにちは、則武です。

今日は私立高校一般入試B日程ですね。
教室では、公立高校推薦内定の知らせも届くようになりました。
さぁ、みなさんも続いてくださいね!



一方、中2以下では学年末テストが終わったところも出てきました。

ここで気を抜いてはいけませんよ!

「え~、次のテストは6月だし…」
「いやいやいや!時間は全然ないぞ!カレンダーを見てごらんなさい!」

今年はご存じの通り、5月に10連休が控えています。
その前後には、中3の修学旅行をはじめとした学校行事が目白押しです。

授業時間は休日日数とは別に設定されていますから、
その授業時間は学校毎に何らかの措置が取られることでしょう。
しかしカレンダーの妙もあり、今年の4月は授業進度がどうなるか非常に微妙な状況にあります。

連休が明ければ、1学期のテストまでもう1か月余りとなります。
場合によっては、試験範囲を終わらせるためにブーストをかけて授業が進むかもしれませんね。
しかも、ちょうど部活の大会も近くなってきます。

どこかでこれまでの復習期間を作っておかなければ、
たいへんなことになってしまうかもしれません。


この2月後半から4月までは、
これまでに残してきた部分をしっかり復習するいいチャンスです。
中長期的な展望に従って、できるだけ苦手な部分を減らしておきたいところ。

この1年でやったところを、今一度見返してください。
そして、早く復習に取り掛かりましょう!

よく悩み、よく学べ

こんにちは。江別中央教室成田です。

今回は北海道学力テストについてお話をします。
道コンは標準問題と裁量問題が選択でき、入試本番により近い練習となっります。

そこで、教室ではこのような注意書きを掲示しました。

道コンの注意事項

試験中に、問題が一通り終わったからといってボーっとしていたりしませんか?
それはとてももったいない。
試験中は時間いっぱい集中してほしい!

45分×5教科を集中するというのは相当に大変です。
ですので、道コンで集中する練習をしなければ、本番である入試でやろうとしてもなかなかできません。

では、問題が一通り終わったら何をするか

見直し
入試は、1点2点の勝負になります。
符号や漢字の間違いなんてしちゃいけない!
見直しこそ集中してやる必要がある!

悩む
入試では、初めて見る問題を緊張した状態で解くことになります。
それに近い環境である道コンで、よく悩み、頭を使うことはとてもいい練習になります。
例えば、思い出せない語句があった時には、記憶の引き出しから取り出せるよう、集中して悩み続けてほしい!

入試までの時間を有効に使いましょう!

紛らわしいものは区別しよう!その2

こんにちは!
本日は受験生にとっては私立高校入試のA日程、1~2年生の皆さんは学年末テストの人が多いと思います。

気温は低いですが、青空が広がっています
いつも通りの力を発揮してきて欲しいと思います。


さて、今回も勉強内容について書きたいと思います。






以前も書かせていただきましたが、テストによく出題されるものとして「似ていて紛らわしいもの」があります。
また「ついつい間違えてしまうもの」「なかなか覚えられないもの」もあると思います。


★教室でよく見かける間違いとして

difficult を difficalt×
Australia を Aostraria×

と書いてしまう、などがあります。

完璧(かんぺき) を 完壁(かんかべ)×

と書いてしまったりもありますね(笑)


これは下の写真のように「覚えるところ(注意すべきところ)を〇で囲む」と、人間の脳に残りやすくなるようです。


15187440440.jpeg



thousand(~千の)などもなかなか覚えられない単語として有名です。

解決策としては「ローマ字読みに近い音声で覚えてしまう」というのが有効です。
例えばthousandは

ゾウサンド
thousand

と覚えてしまう。

Wednesdayは

ウェドネスデイ
Wednesday

と覚えてしまう方法です。

ちょっとダサいですが、案外こういう地味なやり方がシンプルで良いんですね!




テストでは10のあやふやな知識よりも、確実に解ける1問がより重要と言われます。

小さな知識をコツコツと積み上げて良い結果につなげましょう💡

01 | 2020/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR