きたがく 塾ブログ 
FC2ブログ

小学校と中学校の違い その1

こんにちは、発寒教室です。
今回は、新中学1年生向けのお話です。


1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
新しい環境での生活が始まり、これから部活動なども始まるとますます忙しくなってきます。
その生活に慣れるまでが大変ですが、先輩方もみんな乗り越えてきた道です。
まだまだ寒い日が続いていますが、体調管理に気を付けながら元気に中学校生活をスタートしていきましょう!


さて、小学校と中学校の違いは本当にたくさんあるのですが、今回は「定期テスト」についてお話します。


小学校では、1つの単元が終わるたびにいわゆる「カラーテスト」(算数なら表100点、裏50点のテスト)があり、それがメインのテストでした。
しかし、中学校で成績に大きく関係するのは「定期テスト」(1学期末テスト、2学期中間テストなど)と呼ばれる、1年で4回行われる大きなテストがメインです。


つまり、一度のテストで複数の単元が一気に出題されるということになります。
また、一日で4~5教科のテストを受けるというのも、小学校との大きな違いです。
そのため、小学校では毎回100点を取れていたような人であっても、中学校で100点を取るのは非常に難しくなります。


そこで、中学校の勉強は「復習」がとても大切になってきます。
2か月も前に習ったことがテストに出てくるので、テストを受ける頃にはもう忘れてしまったという内容がたくさんあるはずです。
それを、テスト直前の2,3日だけで全部見直しするのは無理があります。
まず最初は毎日10分~20分でもいいので、その日学校で習ったことは家でも復習するようにしましょう!


中学校最初の定期テストは、学校にもよりますが6月にある学校がほとんどです。
最初のテストでつまづいてしまうと、そのままズルズルと引きずってしまいがちです。
まだ入学したばかりではありますが、中学校生活を良いスタートが切れるよう、今のうちに準備を少しずつ進めておきましょう!



入学式 

準備はオーケーですか?

こんばんは、則武です。

さあ、いよいよ新学期間近です!
みなさん、準備は大丈夫ですか?


前の学年の学習内容で、
やり残したことはないでしょうか?

特に年度終盤の学校ワーク等は、
やらずに残っていることもよく見受けられます。
必ずやり切り、きちんと理解を深めておきましょう。
残っていない人もやり直しをして、
わからないまま終わっているところがないように!


部屋の机や、カバンの中も整理しておきましょう。
前の学年にもらったプリント類等が
カバンに残っていませんか?
区切りの時期です。整理を進めましょう。
順番に、時期ごとに整理をしておくと、
あとでとても役立ちます。

前の学年でやったことを基礎にして
ワンステップ上がる学習内容もあるので、
もしつまずきそうになった時、
まとまった状態にしておけばスムーズに見直し点を探せます。


そして、ノートや筆記用具の準備も!
新学年になればノート類も更新です。
ペン類も、芯の残りが少なったりしていませんか?


さぁ、新たな気持ちでいいスタートを切りましょう!
何事も初めは大切です。

みなさんにとって、ステキな1年になりますように!

2022年度からの新しい高校入試制度

こんにちは、則武です。

来年から公立高校の入試制度が大きく変わるとすでに発表されておりましたが、
このたび具体的な内容が明らかになってきました。
今日はその内容を見ていきたいと思います。


まず、早い段階から発表されていたのは主に以下の内容でした。

①裁量問題の廃止(入試問題の一本化)
2009年度入試からいわゆる上位校受験者の得点差対策として実施されてきた「学校裁量問題」が廃止されます
②得点の変更
北海道では長らく各教科60(計300)点満点でしたが、100(計500)点満点になります
③試験時間の延長
各教科の試験時間が45分から50分に延長されます


そしてこのたび、以下のような内容もわかってきました。

④解答用紙のサイズがB4からA3に変更
従来より一回り大きくなります
⑤英語聞き取りテストの配点拡大
従来の25%→30~35%(60点中15点→100点中30~35点)になります
⑥英語聞き取りテストの読み上げ回数変更
これまではすべて英語を2回ずつ読んでいましたが、
1回しか読まれない問題が出題されます
⑦相関表の得点配分を変更
内申ランクと入試得点を使用する相関表のうち、
横の列になる得点の区切りが12点ごとから20点ごとに変更されます
⑧内申ランクの算出方法は変更なし
従来通り、1・2年を2倍、中3を3倍の合計(315点満点)は変わりません
また定員の70%を総合判定、15%を学力重視、15%を内申重視というのも変更ありません

このほか、
・実技など(面接・実技・作文)から作文を削除
・定時制に自己推薦入試導入

などがあります。


細かい解説については別途項目ごとにさせていただきたいと思いますが、
全体としては入試本番の重要性が非常に高まっていること、
総合的な能力が求められ、試験の対策や実戦訓練が重要であるといえそうです。

春休み前の学習計画

花川教室則武です。

一学年、過ぎるのはあっという間。

もう、来週はみんな春休みに入っているんですね。
進学の場合は新しい生活への期待と不安が入り混じっていると思いますが、
万全の準備をして臨みたいですね。


さて、学年を終える時期に、多くの場合で遭遇することがあります。
それは、

『あれ?まだ教科書が残ってるんだけど…』
『ああっ!何か一瞬で終わっちゃった!』


そう。
クラスによって授業進度が違うのはよくあることですが、
そのために教科書の最後のほうが駆け足になることも。


きちんと理解を深めてから進むのが授業の原則ですから、
時間がかかる単元があるのもやむを得ないところ。
しかし、授業の内容に軽い重いはありません。
駆け足になったところも、しっかり学習する必要があります。


今、主に進めている内容のひとつが、このフォローです。
この他、学年全体の復習を並行して行っています。

春休みも有効に活かして学習する必要あり!
計画は、今のうちにしっかりと立てておきましょう!

合格おめでとう!

こんばんは☆彡 






ええ……


まずは受験生の皆さん………










🌸🌸🌸合格おめでとう!!🌸🌸🌸









教室へ報告に来てくれたり、事務局にお電話をいただいたりと、昨日と今日は笑顔の絶えない日となりました


入学準備などでお忙しい中、ご連絡ありがとうございました。

皆さんの頑張りを見守ってきました(受験に向けて厳しいことも何度か言いました)が、

やはり努力したことの結果が出ると嬉しいものですね!!

今後もこの努力をぜひ、継続してください。





さて、合格を勝ち取ったばかりの皆さんですが、これから高校生としての新生活が始まります。


毎年お伝えしていることですが、


「高校受験はゴールではなく、通過点」です。


新たな夢に向かって、歩みを進めて下さい。

きたがくで勉強した日々が、今後の皆さんの取り組みの一助となることを願っています


まだまだ一人では不安… という人は高校生コースで、もう少しだけ先生が手助けすることもできますが(笑)


今後も小さな努力をコツコツと積み上げていきましょう💡
03 | 2021/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR