きたがく 塾ブログ 
FC2ブログ

*経済を学ぶ*

こんにちは!則武です。 遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

  中3はあっというまに学年末テスト、そして入試です。
 新年もテストの対策に勤しんでいるところですが、今日はその中身をちょっとご紹介します。



中3社会の主な試験範囲は、「経済」です。
 経済と言えば、お金の流れ。
 主に習っているのは「消費生活(家計)」、「資本主義と企業」、「市場経済と金融」、「財政と福祉」などなど…。  

大人にとってはあたりまえのことでも、 
まだ自分の手で生活費や税金を納めているわけではない生徒たちには
よくわからない内容のはずです。 

ただ、大人にもわかりにくいことがあります。例えば、

「企業」と「会社」の違いは何でしょうか? 

これ、教科書にも「会社」の定義はわかりにくく書かれています。 
経済用語はきちんとした定義がありますが、 
それがわからないとちんぷんかんぷんになりがちです。 

とはいえ、大学で学ぶようなことを中学生に説明してはますます難しくなりますね? 
そこで、こんな形で進めています。

  「あなたは長年の夢を叶え、
自宅で小さなお店を開くことになりました☆*。★゚*♪」 

 自分が経営者になったつもりで、さまざまな課題に対応していきながら経済システムを学んでいくんです。 
こうすると、言葉の意味や仕組みが飲み込めていきますし、 
いろいろなことが整備されていることもわかっていきます。 

 例えばこんな感じで話すと… 

「お客さんから『もっと売って!』
と要望されたので増産したいのですが、
手元に10万円しかないのに経費が100万円かかります。どうする?」
「銀行から借りる!」 
「……寄付?」

ここで、「会社」つまり「法人化」の意義や金融機関の活動を説明します。 
「寄付」…毎日街角に立てません!、と言いつつ、今はクラウドファンディングもありますから、発想は悪くないんですね?
教科書に書いていなくても、世の中の仕組みに基づいた発想は出て来るものなんです。 
こうして、ストーリーを進めて教科書に書いてある内容を学びます。 
その中ではいろいろなことが起きます。 

海外から仕入れをしようとしたら船が沈んだり(海上保険)、 景気がよくなっているのに売り上げが上がらなかったり(景気変動や少子高齢化の弊害)、 資金調達の規模を拡大したり(株式や株式会社のシステム、証券取引所や証券会社)… 

いろいろなアクシデントも盛り込ながら進めると、楽しく学習できるわけです。  
将来社会に羽ばたいていく生徒たちにとって、ここで学ぶことは
テストのためだけではなく、生きていくために必要な知識。 
しっかり身につけてもらえればと思います。



そしてこのお話は、こういった内容で終わります。 
東京・銀座から兜町を経てある証券会社を訪れた、見ず知らずの投資家の女性が、
小さなお店から一流企業に成長したあなたの会社の株式を求めてやってきました。 
「ここの社長さんはよく頑張っているので、ぜひ夢を応援したいんです」と。 

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。



現在ご通塾頂いている生徒様・保護者様にも、
これからご通塾をお考えの皆様にも、
ホームページ・当ブログを通してきたがくの情報を身近にお伝えしていきたいと存じます。

資料請求やお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降に対応させていただきます。


2021年がみなさまにとって、実りある一年でありますよう祈念いたします。


事務局 西野

ご挨拶。


2020年も残すところ、あとわずかになりました。


本年も個別指導塾きたがくにご理解、ご協力いただき誠にありがとうございました。

来年も講師一同、よりよい指導ができるよう精進致しますので、
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。


またきたがくでは、下記日程で年末年始休暇を実施させていただきます。


12月30日(水)から1月3日(日)


休暇中の資料請求やお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降に対応させていただきます。
来年も相変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げて、年末のご挨拶とさせていただきます。


事務局 西野

*定期テストと学力テストの違い*

こんばんは。

今年も残すところあと4日となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?  
さて早速ですが今回は定期テストと学力テストの違いについての話になります。
私個人の所見も混じってはいますが、この2つには以下のような違いがあると考えています。 

  定期テスト:主に基礎力を試すテスト。
問題1つ1つは簡単だが問題数が多い傾向がある。

学力テスト:主に応用力を試すテスト。
各大問の後ろに行くほど難易度は高いが、問題数は少ない傾向にある。

20171216182133bb9.jpg  

上は学力テストの例ですが、定期テストの問題は場合によってはこの数倍(!)の密度になることもあります。 
もちろんこれらに合わせて求められる力も変わってきます。 
 
  定期テストでは大量の知識を正確に記憶しそれらを瞬時に思い出すことができるような能力が必要になりますが、学力テストでは広い範囲の知識から深く物事を考えるような能力が必要になります。 
 よく「定期テストでは点数が取れるけど学力テストになると点数が取れなくなる…( ノД`)」というようなお子様がいらっしゃると思いますが、多くの場合はこの2つのテストのギャップに戸惑っているためだと考えられます。

  当たり前ですが本質が違うテストなので対策方法も違ってきます。
 例えば定期テストの対策では(かなり悪い例ではありますが)一夜漬けというのは有効な対策方法だと言えます。一夜漬けで得た知識はすぐに忘れてしまいますが、大量に詰め込むことで「テストの当日だけは大量の情報を正確に記憶できている状態」になることが可能です。

そして次に同じテストを受けた時にはさっぱり何もかも忘れてしまっているでしょう。定期テストの対策だけを考えれば有効かもしれませんがこれでは意味がありません。  
学力テストの対策としては日頃から問題を深く考える癖をつけておくことが大事だと思います。

普段から難しそうな問題に出会った時にノート真っ白のまま諦めて答えを見ているようでは本当の意味での実力はつきにくいです。
どのように考えればよいのか?どこかにヒントはなかったか?ということを深く時間をかけて考えてみる必要があるのです。

そして問題を深く考えることができるのは定期テストで出てくるような知識を正確に記憶できている人だけです。

 つまり理想的なサイクルとしては
「定期テストで正確に知識を覚える→
その知識を用いて日頃から問題を深く考える→
学力テストで培った力を発揮する」という形になります。 

簡単に忘れてしまっては困るので定期テスト前に「学校ワークは3周」と耳にタコができるぐらい言うわけですね。 ちょうど冬休みに入ると普段の授業がなくなり、余裕ができると思います。
焦って課題を終わらせるのではなく、ゆっくりじっくり取り組んでみてはいかがでしょうか?

目標。

花川教室則武です。

今年も早いものであと4日あまり。
冬期講習真っ只中です!

「先生、あの表はないんですか?」
「あの表?」
「ほら、宿題とかが書いてある…」
「あぁ、冬休みのカリキュラム表ね。」


これまで、講習会では先生があらかじめ作成した
カリキュラム表に沿って授業を進めてきました。
それ自体は変わらないのですが。

「まだないよ。今回は君が作るんだ。」
「は?」





この写真は、ある学校の試験範囲表に
私が赤ペンでいろいろと書き込みをしたものです。
(あえてボカして見えにくくしていますが、雰囲気は分かりますか?)

ふだんはこうして、細かく注意事項を書き込み、
ポイントを指導しているのですが、
入試を控えた今回は、
いよいよこれまでやってきたことの集大成です。

それは、
「自分で計画を立て、実践する」ことでした。

もちろん、ただ作るのではありません。
その意味を認識し、高い意欲を持ってもらうことが重要です。


そこから、一緒に学習計画の立案が始まりました。
絵に描いた餅にならぬよう、口だけにならぬよう…。
最初はうまく立案ができませんでした。

しかし、しばらく真剣に言葉を重ね、テキストを紐解いていくと、
自分のすべきことがだんだんわかってきて、
事の重大性に気づきます。

「わぁ…時間が全然足りないです、先生」

そりゃそうです。3年分の勉強を数週間で復習できるほど、
世の中は甘くありません。

「そうだね。じゃ、時間が足りない時はどうする?」
「今、自分に必要なものは、ほんとうに時間かい?」
「今はできることを繰り返せるほど、時間的な余裕はないよ」
「なら、その時はどうしようか?」


こちらも必死です。
ほぼ授業まるまる1回分をかけて、
出すべき答えに導いてあげるのが私たちの役目。

そして、ある程度案がまとまったあとに出る言葉は、

「冬休み、朝何時から勉強しようか…」
「いや、ダメだ。このくらいやらないときっと追いつかない」
「○○点に届くには、このくらいしても最低ラインだと思います」


おぉ、よくわかって来たね。




与えられる目標は、こなすことが重要になりがち。
自分で考えた目標は、やはり観点が違います。

こうならなければいけないから、これはしなければならない。
そうした考えに辿り着いていれば、簡単に遅れをとることはないでしょう。



「どうだ、冬休みの計画を作るって、たいへんだろう?」
「めっちゃたいへんでした」
「内容はどう?」
「いや、これくらいはしないと…これでも足りないくらいっす」
「そうだね。でもさ、これを先生から、ただやれって言われたら、できる?」
「たぶんキツいっす」
「だよね。しかし、これは自分でしなきゃって考えて作ったものだ。これならどうだ?」
「頑張りますよ俺」

その一言に尽きます。頑張れ。

12 | 2021/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR