きたがく 塾ブログ 
FC2ブログ

そうだ、ニュースを見よう!

則武です!
ここ数日暑いですが、熱中症対策は万全ですか?



さて、生徒のみなさん、
ふだんからニュースは見ていますか???

保護者のみなさま、
お子様はニュースをご覧になっていますか?

DSC_7375.jpg

中学3年生は、次回のテスト範囲にちょうど選挙や政治が入っています。
そして毎日のように、範囲と合致するような内容をテレビのニュースとして、動画で解説してくれているんです!しかもたくさん!

こんなすばらしいことはありません!

もちろんその他の学年でも、定期テストに時事問題が入るのはよくあること。
そして大人になれば、ニュースを見るのは社会人としてあたりまえになりますね?

でも、
「なかなかニュースを見ない」
「新聞を読まない」
…。



しかし教科書のことをカリカリやるのが苦手な生徒さんも、授業中に

「ここに投票所入場券のホンモノがあるぞ!!!」
「ここがそれぞれ、三権分立のコレコレだ!!!」


みたいなお話をすると、食いついていろいろ聞いてくれます。もちろん住所の部分とかはお見せしませんが…
もちろん、すべて学習内容に関係があることです。

社会と理科は生ものみたいなもので、時に内容が移り変わります。
最新の情報に目や耳を向けることは、勉強のことに関してだけではなく、大人になってからのことを考えても、とても大切なことです。


リビングにお子様がいて携帯をいじっているときにテレビがついていれば、

さりげなくニュースへチャンネルを切り替えてみてください。

教室では「ニュースを見てみよう」と声をかけていますので、

手を止めて顔を上げ、「あ、あの時聞いた話だ」となれば、きっと知識として吸収してくれます。

そこでご家庭でのお話が膨らめば、とてもいいですよね?


夏休みの仕上げは万全?

こんにちは、則武です!

夏休みの授業もあり、すっかり久しぶりとなってしまいました。
授業に来る日・時間が多い生徒さんも多かったですが、
家庭での学習はきちんと行えましたか?

今のうちに、自分の状況をしっかりチェックです!


問題を解く力はあっても、発揮できなければ結果には結びつかないもの。
テストなどに備え、時間を区切ってトライしてみて下さい。

例えば、ワーク類から1学期に習った分野の問題をそれぞれ1問ずつ
(いわゆる大問をひとつです)選び、各教科40分で解く。
選ぶ問題はランダムにします。それこそサイコロで選んでもいいです。

こうすると、テストのシミュレーションになります。
時間を限定すると、その中で解ききるのはかなり大変になるはずです。
実際のテストはそのような環境で行うのですから、
こういう練習を今のうちに積み重ねておきましょう。


新学期に向けた準備も怠りなく!


ノートの残りページは少なくなっていませんか?
書けなくなっているカラーペンが筆入れへ入ったままになっていませんか?
カバンの中に、無整理状態のプリント類はありませんか?
答えと問題が分かれてしまっているワーク類はありませんか?

夏休み前に崩れた状態の勉強道具などを、
今のうちに整頓しておきましょう。
もちろん、学校再開時の忘れ物がないように!


ちょっと先を読んでおきましょう!


次はどんな内容を勉強するのか、
問題を解くまではしないまでも、目を通しておくとすんなり新しい内容へ入って行けます。
どうしても復習で頭を使ってきたかと思いますが、
また新しいことを頭に入れる生活が始まります。
切替が大切です。その準備をしておきましょう。


さぁ、いかがですか?
生活リズムも戻ります。
体調も崩さないようにしてくださいね!
では、これからもがんばっていきましょう!!

道コン、力を試すべし

こんにちは、則武です。

本日は北海道学力コンクール
夏休みの間がんばってきた皆さんが、まさに答案用紙と格闘中です。



ふだんは元気でにぎやかな教室に満ちる静寂

そしてその中随所で響く、

紙を擦り、捲る音

芯の先が机を叩く音

そして、答案回収の後にひと時訪れる一喜一憂の声


アスリートのごとく、一瞬一秒にすべてを賭けて、

前よりももっと、今回ももっと


さぁ、頑張れ!

きたがく講習会~夏の陣~

こんにちは。

突然ですが!みなさんは、真田信繁(さなだ のぶしげ:「幸村」の名で有名)をご存知ですか?
徳川と豊臣が激突した「大阪 冬の陣」で緻密(ちみつ)な戦略と仕掛けだらけの出城「真田丸」を用いて、わずかな兵で徳川の大軍をうち負かし、2度目の戦い「大阪 夏の陣」では、絶対不利な状況で徳川家康の本陣に突撃し、その勇敢な姿から「日の本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と賞賛された名将です。

戦国ファンの中でも一、二の人気をほこる信繁ですが
実は私、彼の父 真田昌幸 (さなだ まさゆき)をリスペクトしています!

真田家について少し話をします。
真田家は信濃(現在の長野県)の小領主でした。
周囲は「上杉・北条・徳川」という強敵に囲まれ
常に滅亡の危機にさらされていましたが、信繁の父、昌幸は
類い稀な知略と緻密な戦術で徳川軍を2回も倒した結果を残しています。
※この真田家の活躍を描いたのが、去年の大河ドラマ「真田丸」でした。

昌幸・信繁が生きた戦国時代は、毎日がサバイバルでした。
生き抜くために、己の力を最大限に発揮する。
昌幸の生き様を見ていると【生き抜く】という気迫を感じます。

話を戻します。
この厳しい時代を【生き抜く】には【結果を残す】ことが大事です。
少し大げさですが、第一志望校合格という結果を残すには【緻密な計画】が必要です。
さらに、難関校を受験するなら、周りは強敵なライバルだらけでです。
なおさら緻密な計画が必要です。
(冒頭の東高に合格した子は、私のアドバイスの元、緻密に計画を立て、それを抜かりなく実行しています。)

通常授業やテスト対策講座は
学校の定期テストに向けて結果を残すための授業。
講習会は
道コン(入試の模擬)に向けて結果を残すための授業。

入試に近いタイプの模擬で結果を残すため
講習会のカリキュラムは、いつも以上に細かく計画を立てています。
なので、きたがくのみんなもカリキュラムの宿題はきちんと取り組んでください!
夏休みだからといって、手を抜くとライバルに負けますよ。

最後に「真田丸」の中で私が好きな昌幸のセリフにかえて今回は締めます。
「では、おのおの 抜かりなく!!」

夏期講習会と思い出

こんばんは、則武です!
今日も、体験授業で初めて会う生徒さん夏休みの講習予定を持ってきて下さった生徒さん、多くのみなさんと交流しました。

この時期になると、自分の時のことも思い出します。


私は勉強がたいへん嫌いで(今でも嫌いです!)で、家庭学習はまるでやらず、まったく褒められる生徒ではなかったです。

そんな私も、友人に誘われ夏期講習会へ通うことになりました。
そして、その経験はその後活きることに。

第一志望の高校に無事合格し、初めての登校。
同じ学校からは片手で数えられるほどしか進まなかった中で、
校内に入ると見知った顔がたくさんいたのです。
みな、あの時に塾で知った面々でした。

多くは顔を知っているくらいでしたが、
知らない環境に飛び込む中で、このことは自分にとって大きかったです。
おかげで高校生活はよいスタートを切ることができ、
これまでの人生でも指折りの素晴らしい時を過ごすことができ、今を生きる上で大切なものも得ました。



私と同じような経験をする生徒もいることでしょう。
でも、決定的に違うことが一つ。
彼らは私と違い、定期的に塾通いをして、学習を重ねているということです。
今目の前にいるみなさんは、少なくとも私とは違うラインに立てています。
きっと、私より良い経験をしてくれるに違いありません。


ですので、この夏休みもみなさんにしっかり向き合い、
よい夏休みにしてもらえるよう、力を尽くしたいと思います。
たくさんのことを伝えたい、と思います。
08 | 2021/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR