きたがく 塾ブログ 成績が上がる子の特長
FC2ブログ

成績が上がる子の特長

皆さん、こんにちは!
円山教室より川本です。

師走ですね。
中学生の皆さんは、学校で三者面談が始まりだした頃だと思います。

きたがくでも学校の面談に合わせて、保護者面談を行わせていただいております。



面談では、以下のような内容を中心にお話しさせていただいております。
・お子さんの教室でのご様子
・進路の確認
・これまでの指導方針と今後の指導方針(お子さんの課題)
・お子さんのご家庭での様子
・その他の悩み事など


また、中3生やご家庭によってはお子さんを交えての三者面談形式で行い、お子さんへのアドバイスも行います。
特に中2のお子さんは一年後の三者面談で志望校を決定しますので、「もう受験生なんだ」という意識で今後の学習に取り組んでもらいたいです。


201712050905545ae.jpg


面談の際、複数のお母さま方から「どういった子の成績が上がりますか?」ということを聞かれることがあります。

「成績を上げたいと思ってたくさん勉強するお子さんです」

とお答えさせていただくことが多いです。
また違った側面からみて個人的に感じることは、以下の特徴がある生徒さんは成績が上がっているということです。

それは…


「先生、〇〇は やった方が良いですか?」


という発言が出るお子さんです。


物事には段階があり、たとえば 「宿題をやること」 に関していうと以下の段階があります。

①出された宿題をやらない
②出された宿題はやる
③宿題以外もやる (出されていない勉強もする)


どうでしょう?
この中で、一番成績が上がるのは当然③の生徒さんです。

勉強は「やらなきゃいけないもの」「やらされるもの」という感覚をお持ちのお子さんが多いですが、「勉強は自分のためにするもの」という感覚を意外とお子さんたちが持っていないようです。
その中で「勉強は自分のためにやるもの」という感覚を持っているお子さんは成績が上がります。

「先生、〇〇は やった方が良いですか?」という発言は、
・自分で考えて勉強をしている
・そのうえで、他にどんな勉強をしたら良いか?を考えている
ということになります。

部活やスポーツは「良い成績を取りたい!(=1位を取りたい、試合で勝ちたい!)」と考えて、誰よりも練習するお子さんが良い結果を残しています。
勉強にもぜひ、「良い結果を出したい!」という気持ちで取り組んで欲しいと、切に願います。



小さいことからコツコツと積み上げ行きましょう💡

関連記事
06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR