きたがく 塾ブログ 次回に向けて
FC2ブログ

次回に向けて

こんにちは!


さて、定期テストが終わった後に、学校によっては課題としてテストの解き直しを出されることがあります。
その課題を「面倒くさいから適当にやろう」「とりあえず答えだけ写しておけばいいや」という生徒をたまに見かけます。
しかし、それだとやる意味がありませんし、時間を無駄にするだけとなってしまいます。もったいないですよね?

テストの解き直しをする目的は

「わからなかったところを見直ししてできるようにする」
「なぜその問題が解けなかったのか、どうすれば解けたのかを考える」


などたくさんありますが、少し変わった見方として

「この問題はどこから出されたのだろう」と考えてみると良いです。


よく見てみると、学校ワーク学校で配られたプリント単元テストなどから、数字や言い回しを少し変えただけの問題も多かったりします。
例えば、単元テストから似た問題が多く出されているなら、テスト当日まで大事に保存しておいて、テスト前に見直しをすればよいわけです。

また、テストを作る先生が同じなら、問題の形式や傾向が似ていることが多いです。
ほとんど学校ワークから出す先生漢字指定の問題を必ず出してくる先生など、どの先生がどういう傾向のテストを作るのかがわかっていれば、対策が立てやすくなります。


_20171111_111105.jpg


15103678093110.jpg




この写真は、恥ずかしながら私が中学生の頃に自分で作った暗記用ノートです。
(汚くてお見苦しい点はご容赦ください・・・。)
社会の先生が必ず学校プリントから同じ問題を出すことがわかっていたので、コピーを取ってノートに貼り、赤シートで隠して暗記していました。
オレンジ色で書いた文字は赤シートで消えるので、オレンジのペンを1本持っていると便利です。


テストの解き直しをする時は、「この先生はこういう問題の出し方をするのか。じゃあ、この先生が今度テストを作る時はこういう勉強をしよう!」と考えながらやってみてはいかがでしょうか。

次回は学年末テストが控えているので、テストが終わったからと言って問題用紙を捨ててしまわずに、次回に向けて活用していきましょう!
関連記事
10 | 2020/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR