きたがく 塾ブログ 発想の転換!
FC2ブログ

発想の転換!

こんにちは、則武です!


中学生のみなさん、学校ワークはしっかり進んでいますか?
もし4月の復習が終わっていなければ、 今すぐチェックを!





さて、マンガなどでもありますよね?
扉を押しても引いてもびくともせず、
誰がやっても開かなかったのに、
横にスライドさせたらあっさり開いたとか…。
こうした発想の転換は大事です。


授業中にこんなことがありました。


「あの、このプリントが全然わからなくて…」
と出してきたのは学校で配付されたと思しきプリント。
内容は、中2の分野である連立方程式の文章問題です。
まぁ、多くの生徒が苦労している問題ですね。

中3のこの時期に中2の復習をがんばっている彼女に感心しつつ、
「じゃあ、僕も問題は初見だから、いっしょにやってみよう」
と声をかけました。


彼女は恐らく、私が一問一問解説すると思っていたんでしょう。


ですが、


「りんごとなしを合わせて9個」
(○+○=○ と、空きスペースに記入。 +=9個)
「合計1710円」
(○+○=○ と、その下に記入。 +=1710円)

「ここまで、おっけー?」
「はい」
「……式、もうできてるんだけど」
(両方の式を{ でつなげる)

「!!??……あっ…!」
(ホントだ…!という顔)

「じゃあ、丸の中に数字とエックスを入れてみよう」
「……。」
(スラスラと正しい内容を書き込む)
「できました…!」
「じゃあ、次の問題ね」
「えええ!!??」
(式ができたのに解かないの!?という顔)

…この調子で、図にしていくこと4問、
「じゃ、あとはまとめて計算してみよう!」

…見事全問正解。


彼女にとって驚きだったのは、
図にしたらこんなにわかりやすかったということ
・一問一問解かず、全部立式→全部計算という、今までやらなかった手法をとったこと
・わからなかった問題が、あっという間に全部できてしまったこと
だと思います。


そんなに時間はかかっていません。
すごい技も使っていません。
ただ、ふだん絶対やっていないだろう方法で進めて見せただけです。
そしたら、それが彼女に合った、ということなんですね。



自分にはできない…そんなことはないです。

発想を変えれば、自分に合う方法は見つかるハズ。

でも、それがすぐ見つかるとは限りません。

努力を続けることは、力のアップだけではなく、
こういうことにも意味があるんですね。
関連記事
06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR