きたがく 塾ブログ 2021年01月
FC2ブログ

さぁ、ラストスパートへ!

こんばんは、則武です!

いよいよ入試に向けて、ラストスパートですね!


冬休み中も長い時間学習に励んでくれたみなさんは、
引き続き授業のほか自習でも教室を訪れてくれています。

中には、開講日を求めて他の教室から遠征して来る生徒も。
冬休みは終わりですが、学習に休みなし。
残された時間を有効に使おうという姿勢は、素晴らしいですね!




とにかく入試では、
「今持っている自分の力を、最大限答案用紙に表現する」
ことが大切です。

教室では、
「とにかくいろいろな問題を取り組み、拾う・捨てる問題をはっきりさせていこう」
という話をしています。

難しい問題にひっかかって時間を費やし、
そのあとにある解答可能な問題を、時間切れで残すのは大きな痛手です。

できる問題を増やすことももちろん大事ですが、
何を重視するかを決めておく必要があるのです。


過去問や模試は、まさにこのためにあると思って頑張ってほしいです。
経験値は、「敵を倒す」だけではなく「敵を選ぶ」ためにもあるのです!


「どう?確率とかはあまりやってなかったんじゃない?」
「あぁ~…そうだぁ…」

まだ見落としはありませんか?
先生は、ふだんからどういうことを進めているか、自習でも必ず見ています。
教科・分野にかかわらず、漏れなく最終チェックを!

テストの受け方


15158107580.jpeg



さて、先日きたがく模試が行われました。

お子さん達の反応は

「難しかった…」

「時間が足りなかった…」

「お腹が空いた…」

「鼻水が止まらなかった…」

などさまざまですが、きちんと見直しはしましたでしょうか?

テストは受けっぱなしだととても勿体ないです。
せっかく4時間も真剣に取り組んだ試験ですので、そのあと30分でも良いので、必ず解答解説を見ながら復習してくださいね。




今回は少しだけ「テストの受け方」について書きたいと思います。



★全教科共通

・見直しの時間を最低5分は確保する
→45分の試験なら40分で解くつもりで

・問題文をじっくり読む
→聞かれていることに答える

・問題文に線を引いたり、□で囲ったり、メモを書き込む
→頭の中だけで考えない

・問題用紙を開いたら、いきなり最初の問題から始めるのではなく、最初に問題用紙のすべてをざっと確認し、解きやすそうなところから解き始める
→解けない問題に時間を使い過ぎない

・4択の問題などは、明らかに違うと思われる選択肢に印をつける
→消去法


★国語・英語

・本文を読む前に問を確認したり、選択肢から本文のヒントを掴む
※特に「本文の内容に合うもの(合わないもの)を選びなさい」タイプの問題は圧倒的に時間が短縮できます。


★数学

・長い問題文をまとまりごとに区切る
・問題文だけで考えずに、図や表を描いて考える
・問題文からわかった情報を図やグラフに書き込む





以上は一例ですが、このように「試験をうまく受けよう」という意識がとても重要です。

「テストめんどくさいな~」

「悪い点数だったらどうしよう…」

ということを考えるよりも「どうやったらもっと良い点数を取れるか」「以前のテストと同じ失敗をしないか」などを考えながら受けてみて下さい。
(部活の試合やコンクールと一緒です)

いつも試験時間が足りなくなる人や、テストになるとミスが増える人、いつもの実力が出し切れない人など、様々なタイプがあると思いますが、
まずは「自分の試験の受け方」を見直し、どうしたらもっと良い結果が出せるかを考えてみてください。

中3生も入試直前です。テスト形式を増やし、試験でもいつも通りの実力を発揮できるようにしましょう!


小さなことからコツコツと積み上げていきましょう💡

きたがく模試、実施!

こんにちは、則武です!
陽射しがあってちょっとだけ温かく感じられますが、道路はまだツルツルですね!

さて、今日はきたがく模試を実施中です!
今も中学1・2年生の生徒さんたちが、一生懸命に問題へ取り組んでいます。



中学3年生も、そろそろ入試直前模試がスタートします。
さまざまなことがあった今年度も、もう大詰めが近づいてきましたね。
早かったのか、長かったのか…

あともう一息、健康に気をつけながら頑張りましょう!

100%の力を出すために・・・


2021年に入っても、発寒教室は冬期講習会、熱気あふれる日々を送っています。


さて・・・その中で大変気になったのですが・・・(ー_ -)


忘れ物・・・多くなってきていませんか??
忘れ物の怖さ・・・わかってますか・・・??



人間は緊張の中にいるときに想定外の出来事に直面すると、パフォーマンスが低下します!

もし、みんなにとって大切な試験のときに忘れ物をしたら・・・


みんながこれまで頑張ってきた努力も、万全の準備も、水の泡になってしまうかもしれないんです!!

先生方は、みんなのこれまでの頑張りを授業や講習会などを通して実感しています。だからこそ、試験当日に100%の力を発揮して欲しい!!


だから、お願いです。

忘れ物はやめてください!







新年なので…新たな挑戦!


今年も、昨年と変わらぬご愛顧宜しくお願い申し上げます。

新年にあたり、生徒の皆さんは
あらゆるところで「今年の抱負は?」などと質問されることが多いかも知れません。
ただ、我々もその抱負に対して
「頑張って!」と背中を押すだけではなく
変わりゆく学習環境に対応する、新たな授業法について考えたりもします。

そんな中、きたがくはこの年末年始で新たな授業法を考案しました。
とりあえずそれを“Hyper listening”と名付けておきましょう。
全貌はまだ非公開とさせていただきますが

要は英語が嫌いという生徒が、英語と日本語の違いを知ることで
よく英語で出題される並び替え問題や英作文対策の一助を担おうというのが狙い
です。

…というほど、大したものではないかも知れませんが
私たちも常に、現状に満足することなく新たな挑戦をしていきたいと思います!

えいご

*経済を学ぶ*

こんにちは!則武です。 遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

  中3はあっというまに学年末テスト、そして入試です。
 新年もテストの対策に勤しんでいるところですが、今日はその中身をちょっとご紹介します。



中3社会の主な試験範囲は、「経済」です。
 経済と言えば、お金の流れ。
 主に習っているのは「消費生活(家計)」、「資本主義と企業」、「市場経済と金融」、「財政と福祉」などなど…。  

大人にとってはあたりまえのことでも、 
まだ自分の手で生活費や税金を納めているわけではない生徒たちには
よくわからない内容のはずです。 

ただ、大人にもわかりにくいことがあります。例えば、

「企業」と「会社」の違いは何でしょうか? 

これ、教科書にも「会社」の定義はわかりにくく書かれています。 
経済用語はきちんとした定義がありますが、 
それがわからないとちんぷんかんぷんになりがちです。 

とはいえ、大学で学ぶようなことを中学生に説明してはますます難しくなりますね? 
そこで、こんな形で進めています。

  「あなたは長年の夢を叶え、
自宅で小さなお店を開くことになりました☆*。★゚*♪」 

 自分が経営者になったつもりで、さまざまな課題に対応していきながら経済システムを学んでいくんです。 
こうすると、言葉の意味や仕組みが飲み込めていきますし、 
いろいろなことが整備されていることもわかっていきます。 

 例えばこんな感じで話すと… 

「お客さんから『もっと売って!』
と要望されたので増産したいのですが、
手元に10万円しかないのに経費が100万円かかります。どうする?」
「銀行から借りる!」 
「……寄付?」

ここで、「会社」つまり「法人化」の意義や金融機関の活動を説明します。 
「寄付」…毎日街角に立てません!、と言いつつ、今はクラウドファンディングもありますから、発想は悪くないんですね?
教科書に書いていなくても、世の中の仕組みに基づいた発想は出て来るものなんです。 
こうして、ストーリーを進めて教科書に書いてある内容を学びます。 
その中ではいろいろなことが起きます。 

海外から仕入れをしようとしたら船が沈んだり(海上保険)、 景気がよくなっているのに売り上げが上がらなかったり(景気変動や少子高齢化の弊害)、 資金調達の規模を拡大したり(株式や株式会社のシステム、証券取引所や証券会社)… 

いろいろなアクシデントも盛り込ながら進めると、楽しく学習できるわけです。  
将来社会に羽ばたいていく生徒たちにとって、ここで学ぶことは
テストのためだけではなく、生きていくために必要な知識。 
しっかり身につけてもらえればと思います。



そしてこのお話は、こういった内容で終わります。 
東京・銀座から兜町を経てある証券会社を訪れた、見ず知らずの投資家の女性が、
小さなお店から一流企業に成長したあなたの会社の株式を求めてやってきました。 
「ここの社長さんはよく頑張っているので、ぜひ夢を応援したいんです」と。 

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。



現在ご通塾頂いている生徒様・保護者様にも、
これからご通塾をお考えの皆様にも、
ホームページ・当ブログを通してきたがくの情報を身近にお伝えしていきたいと存じます。

資料請求やお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降に対応させていただきます。


2021年がみなさまにとって、実りある一年でありますよう祈念いたします。


事務局 西野

12 | 2021/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR