きたがく 塾ブログ 2020年12月
fc2ブログ

ご挨拶。


2020年も残すところ、あとわずかになりました。


本年も個別指導塾きたがくにご理解、ご協力いただき誠にありがとうございました。

来年も講師一同、よりよい指導ができるよう精進致しますので、
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。


またきたがくでは、下記日程で年末年始休暇を実施させていただきます。


12月30日(水)から1月3日(日)


休暇中の資料請求やお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降に対応させていただきます。
来年も相変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げて、年末のご挨拶とさせていただきます。


事務局 西野

*定期テストと学力テストの違い*

こんばんは。

今年も残すところあと4日となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?  
さて早速ですが今回は定期テストと学力テストの違いについての話になります。
私個人の所見も混じってはいますが、この2つには以下のような違いがあると考えています。 

  定期テスト:主に基礎力を試すテスト。
問題1つ1つは簡単だが問題数が多い傾向がある。

学力テスト:主に応用力を試すテスト。
各大問の後ろに行くほど難易度は高いが、問題数は少ない傾向にある。

20171216182133bb9.jpg  

上は学力テストの例ですが、定期テストの問題は場合によってはこの数倍(!)の密度になることもあります。 
もちろんこれらに合わせて求められる力も変わってきます。 
 
  定期テストでは大量の知識を正確に記憶しそれらを瞬時に思い出すことができるような能力が必要になりますが、学力テストでは広い範囲の知識から深く物事を考えるような能力が必要になります。 
 よく「定期テストでは点数が取れるけど学力テストになると点数が取れなくなる…( ノД`)」というようなお子様がいらっしゃると思いますが、多くの場合はこの2つのテストのギャップに戸惑っているためだと考えられます。

  当たり前ですが本質が違うテストなので対策方法も違ってきます。
 例えば定期テストの対策では(かなり悪い例ではありますが)一夜漬けというのは有効な対策方法だと言えます。一夜漬けで得た知識はすぐに忘れてしまいますが、大量に詰め込むことで「テストの当日だけは大量の情報を正確に記憶できている状態」になることが可能です。

そして次に同じテストを受けた時にはさっぱり何もかも忘れてしまっているでしょう。定期テストの対策だけを考えれば有効かもしれませんがこれでは意味がありません。  
学力テストの対策としては日頃から問題を深く考える癖をつけておくことが大事だと思います。

普段から難しそうな問題に出会った時にノート真っ白のまま諦めて答えを見ているようでは本当の意味での実力はつきにくいです。
どのように考えればよいのか?どこかにヒントはなかったか?ということを深く時間をかけて考えてみる必要があるのです。

そして問題を深く考えることができるのは定期テストで出てくるような知識を正確に記憶できている人だけです。

 つまり理想的なサイクルとしては
「定期テストで正確に知識を覚える→
その知識を用いて日頃から問題を深く考える→
学力テストで培った力を発揮する」という形になります。 

簡単に忘れてしまっては困るので定期テスト前に「学校ワークは3周」と耳にタコができるぐらい言うわけですね。 ちょうど冬休みに入ると普段の授業がなくなり、余裕ができると思います。
焦って課題を終わらせるのではなく、ゆっくりじっくり取り組んでみてはいかがでしょうか?

目標。

花川教室則武です。

今年も早いものであと4日あまり。
冬期講習真っ只中です!

「先生、あの表はないんですか?」
「あの表?」
「ほら、宿題とかが書いてある…」
「あぁ、冬休みのカリキュラム表ね。」


これまで、講習会では先生があらかじめ作成した
カリキュラム表に沿って授業を進めてきました。
それ自体は変わらないのですが。

「まだないよ。今回は君が作るんだ。」
「は?」





この写真は、ある学校の試験範囲表に
私が赤ペンでいろいろと書き込みをしたものです。
(あえてボカして見えにくくしていますが、雰囲気は分かりますか?)

ふだんはこうして、細かく注意事項を書き込み、
ポイントを指導しているのですが、
入試を控えた今回は、
いよいよこれまでやってきたことの集大成です。

それは、
「自分で計画を立て、実践する」ことでした。

もちろん、ただ作るのではありません。
その意味を認識し、高い意欲を持ってもらうことが重要です。


そこから、一緒に学習計画の立案が始まりました。
絵に描いた餅にならぬよう、口だけにならぬよう…。
最初はうまく立案ができませんでした。

しかし、しばらく真剣に言葉を重ね、テキストを紐解いていくと、
自分のすべきことがだんだんわかってきて、
事の重大性に気づきます。

「わぁ…時間が全然足りないです、先生」

そりゃそうです。3年分の勉強を数週間で復習できるほど、
世の中は甘くありません。

「そうだね。じゃ、時間が足りない時はどうする?」
「今、自分に必要なものは、ほんとうに時間かい?」
「今はできることを繰り返せるほど、時間的な余裕はないよ」
「なら、その時はどうしようか?」


こちらも必死です。
ほぼ授業まるまる1回分をかけて、
出すべき答えに導いてあげるのが私たちの役目。

そして、ある程度案がまとまったあとに出る言葉は、

「冬休み、朝何時から勉強しようか…」
「いや、ダメだ。このくらいやらないときっと追いつかない」
「○○点に届くには、このくらいしても最低ラインだと思います」


おぉ、よくわかって来たね。




与えられる目標は、こなすことが重要になりがち。
自分で考えた目標は、やはり観点が違います。

こうならなければいけないから、これはしなければならない。
そうした考えに辿り着いていれば、簡単に遅れをとることはないでしょう。



「どうだ、冬休みの計画を作るって、たいへんだろう?」
「めっちゃたいへんでした」
「内容はどう?」
「いや、これくらいはしないと…これでも足りないくらいっす」
「そうだね。でもさ、これを先生から、ただやれって言われたら、できる?」
「たぶんキツいっす」
「だよね。しかし、これは自分でしなきゃって考えて作ったものだ。これならどうだ?」
「頑張りますよ俺」

その一言に尽きます。頑張れ。

書いてあるからではなく!言われたからではなく!

こんにちは!大曲教室則武です。

クリスマス!塾としては今日から冬期講習会です!
冬休みのカリキュラムという、
先生からのとっておきのプレゼントを用意しました!


生徒から
「エ~~~~~」
という声が聞こえてきそうですが(実際聞こえてましたが)
気合を入れて頑張っていきましょう!



講師陣は、講習会を前に授業計画の立案を進めていました。


3週間にわたる冬休みの中で、
塾に来ている時間は決して多くはありません。
(一番多い授業コースを選択していてもです)

その中で大事になるのは、学習する生徒自身の意識。


先生が作ったカリキュラムをただこなすだけでは、
学習したことにはなりません。


学習したことが「できる」ようになること、
さらにそれ以上に、「できる」ようになるための「必要な量の努力をする」こと、
そして、それを自分で考えられるようになってもらいたく、
授業でも今まで以上に、考え方について触れていくつもりです。


そんな思いを込めて、冬休みの授業に入ります。
いい新年に向かって、ファイト!

クリスマス?いえいえ、終業式です!

こんにちは。発寒教室です。

もうい~くつ ね~る~と~♪





お正月ではないですよ!笑


……その前に終業式があります。


そうです。


通知表が渡される日ですね!

201712231935452d7.jpg


北海道の高校入試は全国的にみると少し特殊で、この通知表の成績で決まる内申点の入試に占める比率が高いのです。

ですので、少しでも通知表で良い成績を取ることが入試を有利にします。


通知表は定期テストの点数で大半が決まりますが、その基準については多少、学校や先生によって違いはあるものの、概ね以下の点数が基準になっているようです。

85点以上→「5」
75点程度→「4」
60点程度→「3」

※提出物や小テスト、授業態度が良好な場合の目安です


きたがくではテスト前、お子さんたちに定期テストの目標を立ててもらいますが、以下のような失敗がよくあります。


それは、

「4」を取りたいのにテストの目標点数を「65点」にしてしまう

というものです。



上記のように通知表「4」の基準は75点程度です。

65点では残念ながら、よほど平常点が良くないと「3」になってしまいます。


つまり、テストの目標を立てるときは「ただテストの点数を決めるのではなく、通知表を意識した目標設定が必要」ということです。


3学期でその学年の内申点が決まります。

ぜひ、一年間で一番良い成績で終われるよう今からしっかりと勉強を進めましょう!



小さなことからコツコツと積み上げていきましょう💡

受験生!

今年も早いものであと10日あまり。
来週から冬期講習会です。

「先生、あの表はないんですか?」
「あの表?」
「ほら、宿題とかが書いてある…」
「あぁ、冬休みのカリキュラム表ね。」


これまで、講習会では先生があらかじめ作成した
カリキュラム表に沿って授業を進めてきました。
それ自体は変わらないのですが。

「まだないよ。今回は君が作るんだ。」
「は?」

ある学校の試験範囲表に
私が赤ペンでいろいろと書き込みをしています。


ふだんはこうして、細かく注意事項を書き込み、
ポイントを指導しているのですが、
入試を控えた今回は、
いよいよこれまでやってきたことの集大成です。

それは、
「自分で計画を立て、実践する」ことでした。

もちろん、ただ作るのではありません。
その意味を認識し、高い意欲を持ってもらうことが重要です。


そこから、一緒に学習計画の立案が始まりました。
絵に描いた餅にならぬよう、口だけにならぬよう…。
最初はうまく立案ができませんでした。

しかし、しばらく真剣に言葉を重ね、テキストを紐解いていくと、
自分のすべきことがだんだんわかってきて、
事の重大性に気づきます。

「わぁ…時間が全然足りないです、先生」

そりゃそうです。3年分の勉強を数週間で復習できるほど、
世の中は甘くありません。

「そうだね。じゃ、時間が足りない時はどうする?」
「今、自分に必要なものは、ほんとうに時間かい?」
「今はできることを繰り返せるほど、時間的な余裕はないよ」
「なら、その時はどうしようか?」

こちらも必死です。
ほぼ授業まるまる1回分をかけて、
出すべき答えに導いてあげるのが私たちの役目。

そして、ある程度案がまとまったあとに出る言葉は、

「冬休み、朝何時から勉強しようか…」
「いや、ダメだ。このくらいやらないときっと追いつかない」
「○○点に届くには、このくらいしても最低ラインだと思います」

おぉ、よくわかって来たね。



与えられる目標は、こなすことが重要になりがち。
自分で考えた目標は、やはり観点が違います。

こうならなければいけないから、これはしなければならない。
そうした考えに辿り着いていれば、簡単に遅れをとることはないでしょう。



「どうだ、冬休みの計画を作るって、たいへんだろう?」
「めっちゃたいへんでした」
「内容はどう?」
「いや、これくらいはしないと…これでも足りないくらいっす」
「そうだね。でもさ、これを先生から、ただやれって言われたら、できる?」
「たぶんキツいっす」
「だよね。しかし、これは自分でしなきゃって考えて作ったものだ。これならどうだ?」
「頑張りますよ俺」

その一言に尽きます。頑張れ。

*月がきれいですね*



月がきれいですね

今日は「月の満ち欠け」の話をしていきます。 

 三日月や満月は誰もが見たことがあると思います。 
あたりまえですが、月が変形しているわけではありません。 

・太陽光の当たり方 
・地球から見る角度 

によって形が変わっているかのように見えるわけです。 
 下の画像は、地球の周りを公転する月と地球からの見え方です。

  月の満ちかけ 


  先日の記事でも似たような話を書きましたが、
矢印の方向に見ることをイメージできるかどうかがポイントです。


  月の満ちかけ例

*自分の長所と短所とは?*

自分の長所と短所とは?
 こんにちは! 
 いよいよ来週から冬期講習が始まります。 
中1、中2の皆さんは、この冬休み中にしっかり復習を行っていきましょう。 
中3の皆さんは、冬休みが明けてすぐに学年末テストがある学校がほとんどなので、その対策もきっちり行っていきましょう。 

 さて、中3生の中で、早くも冬休み明けに入試本番を迎えるお子さんもいらっしゃいます。
 先日、教室に学校からもらった面接対策プリントを持ってきて、よく聞かれる質問に対する回答を必死に考えている姿も見受けられました。 

 その際に、どのお子さんも悩んでいたのが 
  「あなたの長所と短所は?」 という質問への回答です。

「長所と短所って何を言えばいいの?」 
「短所はいくらでも言えるけど、長所がわからない・・・」 
 など、苦戦しているようです。 
 正直なところ、大人でも急にこの質問をされた時に、スラスラと答えるのは難しいですよね。 
だからこそ、この質問への回答は事前にしっかり準備をしておく必要があります。
 私は実際に、以下のアドバイスを行いました。

  ①まずは思いつく限り自分の長所と短所を挙げてみよう
短所(または長所)だけしか思い浮かばないという場合も、とりあえず紙に書き出してみて下さい。 どうしても何も思い浮かばなければ、家族や友達に自分の長所と短所を聞いてみるのも手です。 (その場合は、短所をズバズバ言われても怒らないようご注意を・・・) 

  ②長所は短所、短所は長所に言い換えられないか考えよう
よく言われる話ではありますが、長所と短所は「表裏一体」であるものが多いです。 
例えば「優柔不断」といえばたいていは短所と捉えられますが、 それだけ深くじっくり悩む「慎重さ」があるという意味では長所とも言えるわけです。  
そこで、先程挙げた長所と短所をそれぞれ逆に言い換えてみると、意外な長所・短所が見えてくることもあります。 その中から、面接に使えそうなものを選んでいけば良いのです。 
 代表的な回答は、インターネットで調べるといくらでも出てきます。 
しかし、それだと中学生らしさや個性が失われてしまうかもしれません。 できる限り、自分で考えてみることをおすすめします。 
これから面接対策を行っていく予定の方も、参考にしていただければと思います。
 将来の大学受験や就職の際にも必ず役立つので、今のうちにじっくりと自己分析を行っておきましょう! 面接画像

受験まで・・

今日も雪。その中、続々とみんながやってきます。


家で除雪をしてから来たという話もちらほら。
えらいけど、カゼだけはひかないでね。

そんな冬の一日の大曲教室。
いつになく静かです。


それもそのはず。


懸命に、入試の過去問を解いています。

トレーニングで、自分からこれを持ってきました。

三者懇談が終わり、自分の志望校を見定めたんですね。

いつもは階段を上って来る時点で誰か判るにぎやかな彼が、
顔色一つ変えず必死に手を動かしています。

机からは、赤ペンを走らせる音が、

シュッ、シュッ、シュッ…。



仲の良い(?)中1の男の子が話しかけても、じっと静かに。
口を開くのは、先生への質問や答えばかり。集中、集中…。


ひたすら自分のメニューをこなしています。
以前は休憩時間にゲームの話をしていたメンバーも、すっかり必死モード。

口を開いても、
「なぁ、あの問題もうやった?」
などなど…。


そうなると後輩も、ふだんより空気を読んで頑張ってくれます。
最後はちょっと、来週の小テスト向けに一問一答をお付き合いしました。
がんばってEUを覚えましょう。

そして終了時間に、中3のトレーニング用シートへ書かれていたのは一言。

「今日はがんばったと思う。」



努力のあとのシンプルな言葉。
いつもなら「もう少し書こう」となりますが、今日はこれでいい。



みんなの本気を感じました。先生は嬉しかった。

受験生!

今日、受験生のT君が教室へ入って来るなりこう言いました。

「先生、今日はやりたいことがあります。」

聞くと、単元テストがあるとのこと。
得意科目でもあり、自分でも落としたくないようです。

教室に通い始めて長い彼は、質問するタイミングなども自分なりに身につけてきました。
事前に何をしたいか、考えられるようになったのです。
最近は落ち着きも出てくるようになり、ずいぶん様子が変わっています。


「よし、いいぞ。具体的にはどこが聞きたいの?」
「まず南中高度のことと、星座が…」


彼はちょっと離れたところから通っているので、
冬になってからは送り迎えをしてもらっています。

その中、自分から「最後まで残る!」と宣言し、
仲良くなった受験生にも自習を誘っていました。

そして今日も授業のあとに残って自習していたのですが、
その手元をのぞくと…


英語やってる…!!

苦手と公言してはばからなかった教科に、
自分から手をつけていました。

これは嬉しかったですね。
間違っているところもあるけど、そんなことよりも、
自分から率先して取り組んだということが、
百倍も千倍も大事なのです。

「受験生なんだから、英語をやるのは当然でしょ?」
「今やってなきゃ、受験生じゃないじゃん」
そう思われるお母さんもいるかもしれませんが、
これこそが「成長」「自らする努力」というもの。


学校や塾で、お子さんが本当はどのように過ごしているのか、
ご覧いただく機会は少ないかもしれません。
(実際、私たちも学校での様子を知って
いい意味で驚くことがあります)

でも、お子さんたちはこうして、着実に成長しています。
少しのことでも認め、ほめてあげてください。



そしてお母さん、遠くから夜の冬道のご送迎、たいへんかと思いますが、
お子さんのやる気に免じて、どうぞ宜しくお願い致します。




今日は、そんな成長の姿をご紹介しようと思いました。
11 | 2020/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR