きたがく 塾ブログ 2020年11月04日
FC2ブログ

備えあれば憂いなし(それでも困難はある?)

冬支度はお済でしょうか?

私事ですが、先日、天気予報に雪マークが出ていたので急いでタイヤ交換をしようと近くのカー用品専門店に行ったのですが…。
「開店時から予約でいっぱいになり、本日はタイヤ交換の受け付けはできません。」とのこと。
他の店に行っても同じようなことを言われ
「あぁ、早くに交換しておけば…」と(*ノ∪`*)
(言い訳になりますが、車に関しては無頓着なので。)

困っていた最中、半年点検の時期が近いことを思い出し、ダメもとでディーラーに連絡したら
「明日の午前中なら空いてますよ!」
やはり、頼りになるのはディーラーですね。
(しかも、点検パックに入っている特典でタイヤ交換は半額になりました。)

さて、今回のテーマをプライベートの視点で話しましたが
塾講師の視点で話す時、私は毎回あることを生徒に問うています。
「学校ワークは終わったの?」 

期末試験の前後に学校ワークの提出があります。
しかも、通知表の評定の評価対象です。

たとえ、テストで85点以上取っても、学校ワークの提出に間に合わないとか、いい加減に解いている(というより、解答を丸写ししているのが明らか)場合は、評定「5」のところを「4」につけられてしまうのです。

私たちに出来ることは
テストの点数を上げるフォローは出来ますが
学校の評定をフォローすることは出来ません


ワーク提出を提出日に間に合わせることは生徒自身の責任なのです!
残念ながら今回もワーク提出に間に合わない生徒、間に合いそうにない生徒が何人かいました。(こういう子は、毎回ワーク提出に間に合っていません。)

学校の先生によっては
普段の授業でワークを使わない先生がいますが、要注意です。
なぜなら、そういう先生は
「習ったら自分でその都度ワークで問題を解いているんでしょ?じゃあ、この時期(期末試験前後)に提出しても大丈夫だよね?(笑)」という認識だからです。

ですが、日ごろからワークに手をつけていない生徒からすると
「えっ!?まとめて数十ページ分やらなきゃダメじゃん。どうしよう…。」となり、ワーク消化にテスト勉強の大半を割かれてしまいます。

これを危惧して私たちは事あるごとに
「ワークは進めていいる?最近ためていない?」と聞いています。
で、生徒は必ずこう言います。
「大丈夫です(`・ω・´)キリッ」
→実際、大丈夫じゃない生徒がいます。なので、私は信用していません。
→おそらく、大半のご家庭では保護者がワークの進捗を気になんかしていないでしょう。「それは塾がなんとかするもの」という認識でしょうから。

もう一度言います。
学校ワークの提出を間に合わせるのは生徒自身の責任なんです!

では、少しでも自発的にワーク提出を間に合わせるにはどうしたらいいか?私は「自習」をお勧めします。

私の経験上
成績が伸びる生徒は
テスト勉強期間中は通常授業・トレスタに関係なく教室に自習で来ます。
トレスタでやっても提出に間に合わないなら、自習で残ってやっても構いません!

実際、きのう一人来ました。
その子は、理科の学校ワーク20ページあまり残っていました。
さすがにこのままではマズいと思ったのでしょう。
ですが、日ごろからワークをやっていないことについて、その生徒はどのように認識しているのでしょう…。
いや、そもそも認識していないから、毎回慌ててワークを消化してると思いますが…。

「備えあれば憂いなし」
私もこの言葉を今一度胸に刻み指導に精進します。 IMG_7213.jpg
10 | 2020/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR