きたがく 塾ブログ 2020年10月09日
FC2ブログ

子どもの集中力

最近、生徒の指導をする際に意識していることがあります。
「どうやったら集中力が着き、維持できるだろう」ということです。

きたがくでも、授業中に…
・貧乏ゆすりをする
・講師が話しているのに、手遊びをしている

など、様々な場面で集中力を欠いている仕草がみられます。

これらの行動は、行動心理学で考えると一種の回避行為として肯定的に捉えることができますが、
問題はそういう行動をしている時ほど、勉強したことや聞いた話は実についていないことが多いのです。
つまり、「ただやっているだけ」ということになります。
特に新しい単元を教える時は、必ず先に講師の解説から始まります。
こうゆう時こそ、集中力がある子とない子の差がハッキリ出ます。

では、集中力を維持するために出来ることは何か…
「手」「耳」「声」の三つに尽きます!
手…短時間で問題を解く、板書をそっくりそのまま写す。
耳…何が重要か聞き分け、必要ならメモをとる。
口…学んだことを反芻(はんすう)し、自分で説明する。
もちろん、このスキルは社会人になっても必要ですよね(笑)

板書や解説の途中でも、明らかに集中して聞けていないようなら中断し、生徒に集中できない理由を聞きます。

期末試験や道コン、入試で最高のパフォーマンスを出せるよう、日々の細かい部分に目を向けることも我々塾講師の務めだと思う今日この頃です。
09 | 2020/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR