きたがく 塾ブログ 2020年09月17日
FC2ブログ

たかが副教科 されど副教科

こんにちは!

外は夏と秋が行ったり来たりしており、北海道らしい風情をしみじみと感じている今日このごろです。

さて、今回のテーマですが
「たかが副教科 されど副教科」です。

ご存じの方も多いと思いますが、ほとんどの中学校では、前期と後期に副教科の筆記テストを行います。
よって、前期の副教科の評定が書かれた通知表をもらっているわけです。(※学校によっては、2学期終業式に渡す場合もあります。)

どこの塾でも当たり前ですが
「定期試験のテスト範囲表」
「得点通知表」
「評定が載っている通知表」
←世間一般で言う通知表はこちらの方
これらをもらったら、すぐ塾に持ってくるよう声かけしています。
にもかかわらず、毎回塾に持ってくるのを忘れ、結局そのまま学校に通知表を返却する生徒が後を絶ちません。

今、この記事をご覧になっている保護者の方々に、あえてお伺いします…。

お子さんの内申点(学習点)とランクを今聞かれたら、すぐに答えられますか?

きたがくでは、「学習意識の持続」という観点から、生徒と一緒に期末試験の目標を立てています。
ちなみに、発寒教室では…
①「今のランクより一つ上のランク」を目標にします。
②「一つ上のランクに上げるには、一学期の評定に対してあと何点評定を上げればよいか」を伝えた上で、どの教科をどれくらい上げるのか生徒と一緒に決めます。

(例:国語 一学期「3」→二学期目標「5」)

この時、副教科の最新の評定が分からないと「あと何点評定を上げたら、ランクが一つ上がるのか」講師が把握できません。
内申点(ランク)の計算は、9教科の合計を基にしています。
つまり、最新の9教科の(国数社理英は一学期の)評定が分からなければ、今度の期末試験の目標設定そのものが出来なくなるということです。


何事においても「目標なき取組み」では成果は得られません
(´・ω・`)ショボーン


つい入試5教科(国数社理英)の成績だけを意識しがちですが
保護者の方は、副教科の成績や現時点でのランクを今一度しっかりと把握した上で、家庭学習を応援してあげてください。
まだ、副教科の通知表を「きたがく」の先生に見せていない生徒は、早く見せてね♪


illust2094.png
08 | 2020/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR