きたがく 塾ブログ 2020年09月
FC2ブログ

見てみよう やってみよう

こんにちは。江別中央教室です。

先日は理科の「位置エネルギー」を扱いました。

位置エネルギーを簡単に説明すると
高いところから物を落とした方が衝撃が強い
重い物を落とした方が衝撃が強い

ということです。

内容そのものはとてもシンプルです。
だからこそ、意味をしっかりと理解しなければなりません!
ということで、理解を深めてもらうために教室で実験をしました。

違う高さから球を転がしたり

位置エネルギー


球を変えてみたりしました。

位置エネルギー2


実力アップへ目的をはっきりと

こんばんは、則武です。
今日は江別中央教室でのお話をと思います。


みなさん、テストが返ってきた時に
見るところはどこですか?

もちろん点数は目に行くと思いますが、
それ以外にどのようなことを考えているでしょうか。


今日は模試の成績表と答案の返却をしたのですが、
やはりみなさんが気にするのはまず点数、
そして志望校の判定。

でも、それだけで終わってほしくはありません。
今日は返却とともに、しばらく時間を使って
個々の声かけを行いました。
内容は、
「点数の底上げに必要な、はっきりとした目的」
です。


一攫千金を狙って難しい問題ばかりに取り組むと、
基本的なところでボロボロと点を落とし、
点数が乱高下したり、最悪下がったりします。
また、範囲が広ければ広いほど、
あちこちに手を出してすべてが半端になりがちです。


なので、「まずはここをできるようになろう」
という明確なターゲットと目的を示すようにしています。
どうしてもいろいろなところに手を出しがちな中で、
敢えて手綱をグッと引き抑えながら、
力を得点源に集中できるようにするのです。

中には「そこは苦手…」と渋い顔をされることもありますが、
すべてをそこに注いでほしい。
もしそれで手応えを得られれば、
テスト対策の手段を獲得するとともに、
大きな自信をも手にできるからです。


ただ、この道のりはなかなかに遠いもの。
だからこそ、
今から先を見越して
テスト対策を始めることが重要
です。
できるだけいいスタートを切ってもらいたいと思い、
今日は精一杯のアドバイスをさせていただきました。

みんな、がんばれ!

勉強は好きですか?

こんにちは!やる気!元気!暗記!則武です!


さて、いきなりですが皆さんに質問です。
「勉強は好きですか?」

大人の方は学生時代の頃、
「勉強は好きでしたか?」

教科によって好き嫌いはあるかと思いますが、勉強自体が好きかと聞かれて
自信を持って「はい!」と答えられる人は、それほど多くないのではないでしょうか。

きたがくの生徒は、体験指導時のアンケートを記入する際にこの質問に答えてもらうことになるのですが、
ほとんどの生徒は「嫌い」「どちらかというと嫌い」のところに印をつけています。

その嫌いな勉強を、学校でも塾でも黙々とやらなければならないとなると、誰でも気が重くなりますよね。
そこで、先日の花川教室の記事で則武先生が言っていた「工夫する」ことが大切であると私も思います。
今回は、私が実際に行っている実践例を2つご紹介します。

1つは、中2数学の「一次関数」のグラフを書く問題です。
その場で「書き方を覚えた!書けるようになった!」と思っても
次の週の指導時にはやり方を忘れたーということが例年あります。
そこで、時間を計って何秒でグラフを書けるかというタイムアタックを行います。

最初は30秒以上かかることが多いのですが、何度もやると10秒台前半で書けるようになった生徒もいます。
もちろん、スピードだけを重視するのではなく、正確に書けていない場合は記録なしです。
友達同士でタイムを競わせることもあります。
このように、ゲーム感覚で取り組むと楽しくてやり方も忘れづらくなると、まさに一石二鳥ですね!

もう1つは、主に小学生の指導で中途半端に時間が余った時などに、
同じ部首(さんずい、にんべんなど)の漢字を、「最低10個」「制限時間5分で書けるだけ」など目標を決めて書かせています。
ただ漢字の練習をしましょう、だと気乗りしない生徒も、喜んでやってくれています。
大人でも意外と難しいので、一度やってみてはいかかでしょうか。
ご家庭でも、何個書けるか親子で勝負してみるというのも面白いかもしれませんね。

このように、勉強を工夫することで
好きになるまではいかなくとも、勉強も悪くないなと思えるようなきっかけになればと願っています。

頑張れ、きたがく生!

※当記事の教室名をクリックすると、該当記事に飛べるようになっております!

月がきれいですね

こんにちは。江別中央教室です。
今日は「月の満ち欠け」の話をしていきます。

三日月や満月は誰もが見たことがあると思います。
あたりまえですが、月が変形しているわけではありません。

・太陽光の当たり方
・地球から見る角度

によって形が変わっているかのように見えるわけです。

下の画像は、地球の周りを公転する月と地球からの見え方です。
月の満ちかけ

先日の記事でも似たような話を書きましたが、矢印の方向に見ることをイメージできるかどうかがポイントです。
月の満ちかけ例

小さな塊はやがて山となる

高校生から嬉しい知らせがありました。
開講日には授業以外でも必ず来塾し、ひたすら努力を重ねていた生徒です。


得点通知表を見ると…


え!?すごい!!


数学、地学、英語…順位の上がり方が!!
しかも地学、前回の166位から一気に200人中4位!?


本人が積み上げた努力の賜物です。
毎日頑張った甲斐がありましたね。頭が下がります。
恐れ入りました。

やる気 元気 暗記

こんにちは。


生徒のみなさんはテストに向けて、教室で日々勉強しています。

漢字、英単語、理社の語句、などなど覚えることはたくさんあります。
そして、ただ語句を覚えるだけではテストの点数につながらないこともあります。

極端な例を言うと、国名や首都名をバラバラに覚えても意味がありません。セットで覚えてようやく正解につながります。
また、国名を知っていてもどこにあるのかがわからない、ということも多いです。
そんな時は、地図帳や地球儀を見ながら勉強すると良いでしょう。

イタリア

どの教科でも語句を文字列として覚えてはダメです。
その語句の意味も理解しなければ、正解にはつながりません。

暗記をするのはとても大変です。
時には気分転換に、自分で実際に地図を描いたり、遊び感覚で勉強をすることもいいと思います。

地図を描いたり遊び感覚で
ちずをかいたりあそびかんかくで
.......
08 | 2020/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR