きたがく 塾ブログ 2020年08月
FC2ブログ

自分で図が書ける!カンタンな時差の問題

こんにちは、則武です。

時差の問題について質問を受けることが多いので、
今回は図を多めに、攻略法をご紹介します!


一例としてこんな問題を挙げてみます。

『日本で1月1日午後3時の時にロンドンへ電話をかけると、
あちらは何日の何時でしょう?』




まず紙を用意し、縦に折り目が入るよう折って、
横に長く直線を引いてください。



この直線を数直線に見立て、
右にプラス、左にマイナス、真ん中にゼロと書きます。
この紙を世界地図とすると、右が東、左が西、真ん中が本初子午線になります。
『東西がプラスマイナスの数直線』
とすれば覚えやすいです。



空いているところに世界地図を書くといいですね。
右側にユーラシア大陸、真ん中下にアフリカ、左上下に北米と南米、
右下にオーストラリアで、右端に日本です。
丁寧に書く必要はありません。このくらいテキトーで十分です。



数直線に日本とロンドンの経度を印づけします。
日本は東経135度なので右側、
ロンドンは本初子午線が通っているので真ん中です。



そして時差を計算します。
数直線の幅は135。
経度15度で1時間の時差なので、
9時間の時差となります。



そして日本からロンドンへ、と矢印を引くと、
マイナス方向への矢印が出来上がります。
これは引き算を意味するので、
1月1日午後3時から9時間引きましょう。
こうして『1月1日午前6時』という答えが出せます。




では、日本からハワイではどうか?
実際にこの移動をする場合は、日付変更線を越えることになります。
この考えがけっこう面倒で覚えておく知識も必要そうですが、
この方法を使うと同じ手順で答えが出せてしまいます。



やはり本初子午線を中心にして、それぞれの経度を書き入れてみましょう。
ハワイの基準を仮に西経150度とすると、
日本は右端に、ハワイは左端になります。



そして本初子午線を基準として時差を出しましょう。
日本ロンドン間はさきほどのとおり9時間。
一方ロンドンハワイ間は150度ありますので10時間です。
すなわち赤い矢印の長さは合計19時間分となり、
矢印はマイナス方向なので19時間引けばいいわけです。

もし同様に基準を1月1日午後3時とするなら、
引き算の途中で日付をまたぎますので、日付もマイナスします。
こうすれば日付変更線分の調整も終わり、
『12月31日午後8時』となるわけです。


いかがでしょうか?
紙と鉛筆だけで簡単に時差の問題を
図で見ながら答えられます。
日本はほぼ世界の右端ですから、ニュージーランドなど一部の地域を除いて
日本を基準にすればほぼ時差はマイナス方向。
やり方はひとつです。

試験中でもできますよ!
どうぞお試しあれ!

遊ぶだけではなく!

大曲教室則武です!

教室では、世代の壁を越えていろいろなことで話が通じます。
今日はそんな中、あるゲームについての話。


ミスターA「…でですね、ボクはもう三つ集めてしまったんです!」

私「ほう、そうか。では、その舞台・マレー半島にある4つの国は、もちろん言えるよね?」

ミスターA「……(視線が宙)」

私「ASEANの主要国が入ってるんだし、テスト範囲だからねぇ…?」

ミスターA「な、何のコトでしょうか?」


ミスターA「…地理は苦手です!歴史にしてください!」

私「よし、わかった。じゃあ歴史ね。このキャラのモデル誕生に大きな役割を果たした軍縮条約が締結された、アメリカの都市はどこでしょう!?」

ミスターA「わかりません!わかるわけないじゃないですか!そんなに大事な話ですか!!」

私「ゲームのセリフで何度でも言ってるだろう!それに、これは教科書じゃ太字だ!!」


なんていう話が続くんですが…。

せっかく史実や実在の場所がモデルになってるゲームをやってるなら、

地理や歴史も勉強すれば楽しいのに、と思うんですよね。

イメージも膨らむし。何より、成績も上がって誰もが喜びます。

もったいないなぁ。もっといっぱい教えてあげたい。

遊ぶだけではなく、学びの機会なのです。



などと思っていたら…

ミスターA「いやぁ、ボクはバレンタインが楽しみです!」

先輩Y「…先生、これはもらうアテがあるってコトじゃないですか?」

私「よしわかった、では私からは宿題を5倍にして贈ってあげましょう!」

ミスターA「えぇ~っ!そんな!」

私「ゲームにばっかり力を入れるからだ!おまけにモテるのなら、それはもはや人類の敵とみなされるぞ!」


何でも題材になり得ます。気持ち次第。みんな頑張れ!

そうだ、ニュースを見よう!

則武です!
ここ数日暑いですが、熱中症対策は万全ですか?



さて、生徒のみなさん、
ふだんからニュースは見ていますか???

保護者のみなさま、
お子様はニュースをご覧になっていますか?

DSC_7375.jpg

中学3年生は、次回のテスト範囲にちょうど選挙や政治が入っています。
そして毎日のように、範囲と合致するような内容をテレビのニュースとして、動画で解説してくれているんです!しかもたくさん!

こんなすばらしいことはありません!

もちろんその他の学年でも、定期テストに時事問題が入るのはよくあること。
そして大人になれば、ニュースを見るのは社会人としてあたりまえになりますね?

でも、
「なかなかニュースを見ない」
「新聞を読まない」
…。



しかし教科書のことをカリカリやるのが苦手な生徒さんも、授業中に

「ここに投票所入場券のホンモノがあるぞ!!!」
「ここがそれぞれ、三権分立のコレコレだ!!!」


みたいなお話をすると、食いついていろいろ聞いてくれます。もちろん住所の部分とかはお見せしませんが…
もちろん、すべて学習内容に関係があることです。

社会と理科は生ものみたいなもので、時に内容が移り変わります。
最新の情報に目や耳を向けることは、勉強のことに関してだけではなく、大人になってからのことを考えても、とても大切なことです。


リビングにお子様がいて携帯をいじっているときにテレビがついていれば、

さりげなくニュースへチャンネルを切り替えてみてください。

教室では「ニュースを見てみよう」と声をかけていますので、

手を止めて顔を上げ、「あ、あの時聞いた話だ」となれば、きっと知識として吸収してくれます。

そこでご家庭でのお話が膨らめば、とてもいいですよね?


江別のみんなも頑張ってます!

こんばんは、則武です!



特に中3は学力テストもあるので、他の学校より条件は厳しめ。
それでも必死になって数学などの難問によく取り組んでいました。


終業のチャイムが鳴っても、やりきるまで頑張っている生徒もいます。
可能な限りのサポートをしていきますので、どんどん教室を活用してくださいね!

百聞は一見に如かず

こんにちは。江別中央教室の成田です。

前回の記事で『丸暗記ではなく理屈を覚えよう』ということを書きました。
教室でちょうど星の日周運動を教える機会があったので、「どうして北と南で逆回りのように見えるのか?」と生徒に聞いてみると、
「これがこうで、えーと、、、、」
「うーん、、、、、」
という返答でした。

テキストの問題は解けていましたが、理屈はわかっていなかったようです。
それだとやはり、
・いつか忘れる
・応用問題に対応できない
といった問題にぶつかってしまうと感じました。

そこで、前回の記事の画像を見せると、
天球_授業風景
「あ~、そういうことか~」という声を聞くことができました。

授業では他にも、道具を使うことで記憶に残りやすくなるような説明を心がけています。
(画像は、地球、太陽、月です。)
地球月太陽

夏休みの仕上げは万全?

こんにちは、則武です!

夏休みの授業もあり、すっかり久しぶりとなってしまいました。
授業に来る日・時間が多い生徒さんも多かったですが、
家庭での学習はきちんと行えましたか?

今のうちに、自分の状況をしっかりチェックです!


問題を解く力はあっても、発揮できなければ結果には結びつかないもの。
テストなどに備え、時間を区切ってトライしてみて下さい。

例えば、ワーク類から1学期に習った分野の問題をそれぞれ1問ずつ
(いわゆる大問をひとつです)選び、各教科40分で解く。
選ぶ問題はランダムにします。それこそサイコロで選んでもいいです。

こうすると、テストのシミュレーションになります。
時間を限定すると、その中で解ききるのはかなり大変になるはずです。
実際のテストはそのような環境で行うのですから、
こういう練習を今のうちに積み重ねておきましょう。


新学期に向けた準備も怠りなく!


ノートの残りページは少なくなっていませんか?
書けなくなっているカラーペンが筆入れへ入ったままになっていませんか?
カバンの中に、無整理状態のプリント類はありませんか?
答えと問題が分かれてしまっているワーク類はありませんか?

夏休み前に崩れた状態の勉強道具などを、
今のうちに整頓しておきましょう。
もちろん、学校再開時の忘れ物がないように!


ちょっと先を読んでおきましょう!


次はどんな内容を勉強するのか、
問題を解くまではしないまでも、目を通しておくとすんなり新しい内容へ入って行けます。
どうしても復習で頭を使ってきたかと思いますが、
また新しいことを頭に入れる生活が始まります。
切替が大切です。その準備をしておきましょう。


さぁ、いかがですか?
生活リズムも戻ります。
体調も崩さないようにしてくださいね!
では、これからもがんばっていきましょう!!

テスト対策は多面的に!

こんばんは、則武です!



窓の外に見える手稲山の夕景も、どことなく季節の移り変わりを感じます。
秋は夕暮れ、と清少納言も言っていましたね。



理科や社会を暗記教科だと思って、用語の記憶ばかりに頼っていませんか?

「高度経済成長にブレーキをかけたできごとは何?」
「オイルショック(石油危機)!」
「じゃあ、石油危機とは何か説明してみて」
「あぁ~!」
だいたい、中東戦争に関係する説明はできないことが多いです。

用語は覚えるだけだと、まだ学習の半分です。
その用語について説明ができるようになって初めて、理解したと言えるでしょう。

記述問題等は、まさしくこの力が問われます。
先生としてもそう。用語を覚えているだけではなく、その説明ができるから先生なのです。

テストの前、各教科の勉強が一面的なことにならないよう、いろいろとチェックをしています。
テスト対策とは、そういうものです。

休み明け授業、スタート!

こんばんは、則武です!

まだ夏休みという地域もあると思いますが、
花川ではひと足早く、小学校が授業を再開しました。

きたがくも先週のお休み期間を経て、授業再開です!

…その最初の授業。
小学生たちの有り余るパワーに全力でお付き合いしてしまいました。みんな元気いっぱいです!

とにかく明るく、勉強することの楽しさを忘れないよう、最初の授業をスタートしました。

そのあとは、中学生がテスト勉強。



学校によっては早くも8月中に定期テストが控えているため、猶予はそんなにありません。
また、本日は受験対策の講座に関するご案内もしました。
もう今年もあっという間にその時期か…と、毎年しみじみ感じます。


また先日、菅原道真公に学業成就のお参りをしてきました(学問の神様ですよ!)。

例年はもう少し遅い時期に足を運ぶのですが、今年はちょっと早めに。

今年の生徒のみなさんにも、学問の神様が微笑んでくれますように!

きたがく講習会~夏の陣~

こんにちは。

突然ですが!みなさんは、真田信繁(さなだ のぶしげ:「幸村」の名で有名)をご存知ですか?
徳川と豊臣が激突した「大阪 冬の陣」で緻密(ちみつ)な戦略と仕掛けだらけの出城「真田丸」を用いて、わずかな兵で徳川の大軍をうち負かし、2度目の戦い「大阪 夏の陣」では、絶対不利な状況で徳川家康の本陣に突撃し、その勇敢な姿から「日の本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と賞賛された名将です。

戦国ファンの中でも一、二の人気をほこる信繁ですが
実は私、彼の父 真田昌幸 (さなだ まさゆき)をリスペクトしています!

真田家について少し話をします。
真田家は信濃(現在の長野県)の小領主でした。
周囲は「上杉・北条・徳川」という強敵に囲まれ
常に滅亡の危機にさらされていましたが、信繁の父、昌幸は
類い稀な知略と緻密な戦術で徳川軍を2回も倒した結果を残しています。
※この真田家の活躍を描いたのが、去年の大河ドラマ「真田丸」でした。

昌幸・信繁が生きた戦国時代は、毎日がサバイバルでした。
生き抜くために、己の力を最大限に発揮する。
昌幸の生き様を見ていると【生き抜く】という気迫を感じます。

話を戻します。
この厳しい時代を【生き抜く】には【結果を残す】ことが大事です。
少し大げさですが、第一志望校合格という結果を残すには【緻密な計画】が必要です。
さらに、難関校を受験するなら、周りは強敵なライバルだらけでです。
なおさら緻密な計画が必要です。
(冒頭の東高に合格した子は、私のアドバイスの元、緻密に計画を立て、それを抜かりなく実行しています。)

通常授業やテスト対策講座は
学校の定期テストに向けて結果を残すための授業。
講習会は
道コン(入試の模擬)に向けて結果を残すための授業。

入試に近いタイプの模擬で結果を残すため
講習会のカリキュラムは、いつも以上に細かく計画を立てています。
なので、きたがくのみんなもカリキュラムの宿題はきちんと取り組んでください!
冬休みだからといって、手を抜くとライバルに負けますよ。

最後に「真田丸」の中で私が好きな昌幸のセリフにかえて今回は締めます。
「では、おのおの 抜かりなく!!」

物事には順序がある

こんにちは。
テスト対策をしていたS君に理科の化学反応式を指導しました。
ちなみに化学反応式を指導するときに私は
①物質は化学式で書く
②各物質の原子のモデルを書く

モデルで表すと、「→」の左右で各物質の原子の数が合わなくなることが分かるので
モデルを利用して左右の各物質の原子の数を合わせていく。

この順序で解くことが重要だと、板書で説明しています。(※下記参照)

IMG_7173.jpg

テスト対策なので、S君には上のふたつをあえて板書せずに何問か解かせました。
しばらくして答え合わせをした後、S君にどうやって解いたのか聞くと…

「覚えていました!(゚∀゚) 」

確かに、テストによく出る公式や語句は暗記しているのが一番いいですが、
「テスト本番でド忘れしたら…」というリスクもあります。
その点をS君に伝えた上で、板書を書き、メモさせました。

そしてこの後が重要‼︎
間違えた問題の解き直しでは、板書の通り書いて解いているかを細かくチェックします。
手順通りに書いていなければやり直し!


塾はあくまでも「習い事」です。
習い事である以上、「正しいことを正しくやる」という信念で指導に取り組んでいます。
そして、答えまでの手順を確実に身につけることこそ、成績アップの秘訣だと私は確信しています。

さて…私が「物事には順序がある」ということをしみじみ感じている間に
S君は正しい手順で解き直しをして徐々に自信がついてきたようです。
(このブログを見ているS君!今週の金曜日に確認テストしますよ――)

きたがくの生徒は、先生から教わった正しい手順を何度も練習してください!
07 | 2020/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR