きたがく 塾ブログ 2019年07月
FC2ブログ

正しい宿題の取り組み方

こんにちは!

外で立っているだけで汗ばむような暑さが続き、いよいよ本格的に夏を迎えましたね。
教室内では、生徒の皆さんに水分補給を随時行うよう伝えていますので、夏場は飲み物を忘れずに持参いただきますようお願いいたします


さて、第一回目の定期テストが終了し、もうすぐ夏休みということもあって、気が緩んできている生徒が出てきているなと感じます。
「宿題をやってこない」「テキストやノートなど持ち物を忘れる」「直前まで遊んでて授業に遅刻する」などなど。

これを学校でも同じようなことをしてしまうと、成績に大きく影響してきます。
テストの成績がどれだけよくても、生活態度の面で落としてしまっては意味がありません。
今一度、気を引き締めて日々を過ごすよう心がけましょう。


そんな中でも、とても頑張っている中1の生徒さんもいました。
以下、先日の教室内での出来事です。


先生「じゃあ、宿題チェックするからノート出して。」

Tくん「先生、宿題の量が多くて大変でしたよ。内容もすごく難しくて、全部解くのに2時間以上かかりました。」

先生「どれどれ。お、それでも全部やってあるじゃん!」

Tくん「僕の場合、途中式も全部書くようにしてるから余計に時間かかっちゃうんですよね。」

先生「おお、手を抜かずにしっかりやれてるね!」

Tくん「それと、ちゃんと解き直しもやってきました。なんで間違えたかも全部言えますよ。」

先生「素晴らしい!こういうことを1つ1つこなしていけば、必ず成績は上がっていくよ!」


彼の素晴らしいところは

・宿題の量の多さに文句を言いつつも、しっかりやってくる
・途中式もしっかり書いて、手を抜くことなくやっている
・さらに解き直しまでやって、なぜその問題を間違えたかをしっかり確認できている



中1の生徒で、ここまでしっかり考えて勉強をできていることは本当に素晴らしいことです。
成績が伸び悩んでいる皆さんは、ぜひ彼の宿題に対する取り組み方を見習ってほしいですね!

勉強のやり方を工夫しよう!

こんにちは!

今回は、「テスト勉強で工夫した点」を生徒の皆さんに聞いてみましたので
その一部をご紹介いたします。


「教科書を声に出して読んだ」
⇒親に言われてやってみたとのことですが、その効果があったかどうかはわからないそうです。
すぐに成果が表れるわけではないものもあるので、まずは継続してやってみるようアドバイスしました。


「集中できるように音楽をかけてみたり、ミント系のお菓子を食べてみたりした」
⇒どうすれば勉強に集中できるようになるかを考え、試行錯誤しているようですね。
自分なりの集中できる方法が見つかるといいですね。


「少しだけ携帯電話を預かってもらった」
⇒最近は小中学生でも携帯電話を持つようになってきて、便利になった一方で勉強の障害になってしまうこともあります。
テスト前は特に、使用を制限するなどルールを決めるとよいです。


「ノート・ワークの文字を赤シートと対応ペンで消して暗記した」
⇒暗記方法としては定番ではありますが、意外とやっていない生徒が多いようです。
見て覚える勉強法なので、人によって合う合わないがありますが、暗記の効率があがるので一度は試してみるとよいです。


「ここまでやったら〇〇ができる、みたいなごほうびを作った」
⇒ごほうびがあれば、やる気が起きない教科も頑張れますよね。
目標とごほうびを自分で決めるというのは、先生もなるほどと思いました。


このように、工夫してみたことを挙げてみて、よかったことは継続し、ダメだったことは別の方法を探していくことが大切です。
2学期になると、勉強する内容がどんどん難しくなってくるので、いろいろと試行錯誤を重ねて自分流の勉強方法を探していきましょう!
06 | 2019/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR