きたがく 塾ブログ 2019年04月
FC2ブログ

ゴールデンウィーク!

こんにちは!

いよいよ明日からゴールデンウィーク(GW)ですね。
特に今年は10連休ということもあって、逆に何をするか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。


さて、これだけ長い休みとなると、保護者の皆様から「勉強のペースが崩れてしまわないか心配」という声もちらほら・・・。
しかし、そこはご心配なく。


GW中もきたがくはいつもどおり授業があります!


特に中3生は、これまでの総復習に集中できる大チャンスです。
まだまだ受験生という自覚がない人も多いと思いますが、こういった大型連休でどれだけ勉強したかによって、頑張った人と全くやらなかった人との差は大きく開いてしまいます。

それをあとで取り返そうと思っても、中3生は学力テストABCなどもあって、次から次へとテスト対策に追われることになりますので、そう簡単ではありません。


ということで、GW中もきたがくへ忘れずに来てくださいね!

使い切る大切さ

こんばんは、則武です。

ふだん教えている生徒の中に、今まさに修学旅行真っ最中のメンバーが多くいます。
授業で行った「予習」の成果はどうかな?と、あれこれ思い描いているところです。

大人になるとなかなか行けないところも多い修学旅行の訪問先。
ぜひ、たくさん学んで帰ってきてほしいと思います。


さて、入塾される生徒のお母さんに、通塾にあたってのルールをご説明する機会がありました。

その中に、このようなものがあります。

「お渡しするテキスト類は書き込んで解答せず、必ずノートにやるようにします」


実はこれ、私自身の苦い経験も踏まえ、お伝えしているものです。



通塾されている皆さんと同じくらいの年齢の頃、私には「学習習慣」というものがまるでありませんでした。

これは謙遜でもなんでもなく、本当に「勉強をしない」学生だったんです。

テスト勉強も、ろくに続かない。当然、ある時から成績はどん底の極みになりました。


私が昔、親に言われるまま、周りがやっているのに流されるまま、本屋で買った問題集や参考書。

今でも持っているものがありますが、とてもお見せできません。

何しろ、「途中までしかやっていない」のです。いや、間違えました。
「最初しかやっていない」のです。それでも、やった気になっていました。


似たような問題集を買って、多少かじり、それでテストに臨んで失敗する。
そんなことの連続でした。


ところがある時巡り合った先生は、こんなお話をしていました。

「問題集は一冊あれば十分。

本当にやり切れば、どんな問題にも対応できる。

だから、授業をしっかり受けて、問題集をやり切りなさい」



この言葉の意味を真に理解できたのは、実は自分が教える立場になってからでした。



出される問題を、ただ解き方をあてはめてこなすだけでは、力にならないということだったんです。

飛んでくる球を、ただひたすら打ち返す。

分析も弱点の意識もなく、ただ打ち返すようなことをしていては、
やった気になるだけで実力をつけることにならず、やがてやる気も失ってしまう。


だから、まず与えられた課題を完全に克服するまで、何度でもトライする。

一回目からできる問題もあるし、何回かやればできるようになる問題もあるし、
何回やってもできず壁にぶつかる問題もある。

ではなぜそれができないのかを分析し、手を変え品を変え、
その問題できるようになるまで試行錯誤を繰り返す。

そうすれば、「問題を克服する能力」が身に付き、
それを利用することによってどんな問題にも対応できるようになる。



その先生が「問題集が一冊で十分」と言ったのは、それを完全に克服しなさいということ。

「本当にやり切る」とは、最後まで問題を解き進めるということではなく、すべての問題を理解するということ。

「授業をしっかり受ける」とは、授業を受けるにあたって何が自分に足りないか把握し、それを聞きに来なさいということ。

だったんです。



塾の問題集でも学校のワークやプリント類でも、
「しっかり使い切ること」を大切にしてほしいんです。

そのためには、何度も繰り返しチャレンジできるようにしておく必要があります。

だから、解答を書き込んでしまうとそれができなくなるので、ノートを使いましょうということなんですね。


小学生と中学生の違い その2

こんにちは、発寒教室です。
今回も、中学1年生向けに小学生と中学生で変わってくることをお話しします。


さて、今回は成績の評価方法の違いについてです。
小学校では、学校にもよりますが主に「よい」「たいへんよい」などの表現で評価されることが多いと思います。
それが中学校になると、「1~5の五段階評価」で、数字ではっきりと評価されるようになります。
「5」が一番良くて、「1」が一番悪い成績となります。


先日、数学がとても得意で、数学ばかり勉強している中学1年生の生徒がいたので、以下のようなお話を実際にしました。


「極端な例だけど、数学をすごく頑張って勉強して成績「5」がつきました。でも、他の教科の勉強を全然やれなくて成績「2」がつきました。そうすると、中学校では全体の成績によってランクが決まるんだけど、数学だけよくて他が悪いせいでランクがBからCになっちゃったら悲しいよね?」


もちろん、自分の得意な教科を伸ばすことはとても大切です。
ただ、ランクを意識すると得意な教科を伸ばすだけではなく、苦手な教科の底上げも必要になってきます。


5教科に絞ってざっくり計算すると

数学「5」国語・社会・理科・英語「2」⇒合計13
数学「4」国語・社会・理科・英語「3」⇒合計16


というように、バランスよくとれたほうが合計が高くなります。
そして、合計が高いほどランクもあがっていくことになります。


また、北海道では1年生の成績もランクを決めるのに関係してくるので、ある意味「中学1年生から高校受験は始まっている」と言っても過言ではありません。
(他の県では、中3の成績のみが関係するところもあります)

高校なんてまだまだ先の話、と思っていると、あとで行きたい高校ができたときにランクが足りない・・・ということになってしまうかもしれません。
成績はテストの点数だけでなく、授業態度や提出物の状況なども考慮したうえで決定されます。
後悔しないよう、普段から成績を意識した中学校生活を心がけましょう!

模試の見直しのポイント

こんばんは、則武です。
今日は江別中央教室でのお話をと思います。


みなさん、テストが返ってきた時に
見るところはどこですか?

もちろん点数は目に行くと思いますが、
それ以外にどのようなことを考えているでしょうか。


今日は模試の成績表と答案の返却をしたのですが、
やはりみなさんが気にするのはまず点数、
そして志望校の判定。

でも、それだけで終わってほしくはありません。
今日は返却とともに、しばらく時間を使って
個々の声かけを行いました。
内容は、
「点数の底上げに必要な、はっきりとした目的」
です。


一攫千金を狙って難しい問題ばかりに取り組むと、
基本的なところでボロボロと点を落とし、
点数が乱高下したり、最悪下がったりします。
また、範囲が広ければ広いほど、
あちこちに手を出してすべてが半端になりがちです。


なので、
「まずはここをできるようになろう」という明確なターゲットと目的
を示すようにしています。
どうしてもいろいろなところに手を出しがちな中で、
敢えて手綱をグッと引き抑えながら、
力を得点源に集中できるようにするのです。

中には「そこは苦手…」と渋い顔をされることもありますが、
すべてをそこに注いでほしい。
もしそれで手応えを得られれば、
テスト対策の手段を獲得するとともに、
大きな自信をも手にできるからです。


ただ、この道のりはなかなかに遠いもの。
だからこそ、
今から先を見越して
テスト対策を始めることが重要

です。
できるだけいいスタートを切ってもらいたいと思い、
今日は精一杯のアドバイスをさせていただきました。

みんな、がんばれ!

小学校と中学校の違い その1

こんにちは、発寒教室です。
今回は、新中学1年生向けのお話です。


1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
新しい環境での生活が始まり、これから部活動なども始まるとますます忙しくなってきます。
その生活に慣れるまでが大変ですが、先輩方もみんな乗り越えてきた道です。
まだまだ寒い日が続いていますが、体調管理に気を付けながら元気に中学校生活をスタートしていきましょう!


さて、小学校と中学校の違いは本当にたくさんあるのですが、今回は「定期テスト」についてお話します。


小学校では、1つの単元が終わるたびにいわゆる「カラーテスト」(算数なら表100点、裏50点のテスト)があり、それがメインのテストでした。
しかし、中学校で成績に大きく関係するのは「定期テスト」(1学期末テスト、2学期中間テストなど)と呼ばれる、1年で4回行われる大きなテストがメインです。


つまり、一度のテストで複数の単元が一気に出題されるということになります。
また、一日で4~5教科のテストを受けるというのも、小学校との大きな違いです。
そのため、小学校では毎回100点を取れていたような人であっても、中学校で100点を取るのは非常に難しくなります。


そこで、中学校の勉強は「復習」がとても大切になってきます。
2か月も前に習ったことがテストに出てくるので、テストを受ける頃にはもう忘れてしまったという内容がたくさんあるはずです。
それを、テスト直前の2,3日だけで全部見直しするのは無理があります。
まず最初は毎日10分~20分でもいいので、その日学校で習ったことは家でも復習するようにしましょう!


中学校最初の定期テストは、学校にもよりますが6月にある学校がほとんどです。
最初のテストでつまづいてしまうと、そのままズルズルと引きずってしまいがちです。
まだ入学したばかりではありますが、中学校生活を良いスタートが切れるよう、今のうちに準備を少しずつ進めておきましょう!



入学式 

修学旅行も予習が大事!

こんにちは、則武です。

早いもので、今日からもう修学旅行に出発した学校があります。
地域によっては、4月が修学旅行の月にあたっているんですよね。



そこで、教室で聞いてみました。

「どっちの方面に行くの?」
「東京とか、鎌倉とかです!」
「自主研修はどこを回るの?」
「えーっと…、…どこだっけ?」
「鎌倉とか…」
「そうだ、大仏とか…あと、八幡宮?」
「おぉ、先生もよく知ってるよ。近くに、源頼朝の墓があるんだぜ?」
「…頼朝?…あぁ、鎌倉…だっけ?」
「で、泊まるのはどのへん?」
「確か、東京…」
「ほんとに?東京のどのあたり?」
「あれ?えーっと…」

まったく予習ができていませんね!

というわけで、地理の復習、関東地方となったのでした。


修学旅行は、意味のないところに行くのではありません!
遊びに行くだけでもないのです!


あとになってから調べてみると、実は教科書に載っていた
あんなところやこんなところが近くにあったのに見落とした、
なんてことがよくあります。

かく言う私も、小学校低学年まで住んでいて頻繁に通っていたところに、
承久の乱で知られる鎌倉幕府の執権・北条泰時の墓があったなどということを、
最近になって知りました。
あぁ、もったいない。


修学旅行で行く先は、大人になるとなかなか訪れることができない場所もたくさんあります。
まして教科書で習ったことに関するものを、
実際に見て、触れて、感じることができるというのは、
習ったことの定着に役立ちます。

ぜひ、修学旅行前の復習を忘れずに。
そのほうが、実際何倍も楽しめます。

有意義な時間を過ごしてくださいね!!

新年度の目標を決めよう!

こんにちは、発寒教室です。

次の元号が「令和」に決まり、いよいよ平成の時代も残り1ヶ月となりました。
気持ちも新たに頑張っていこう!というところなのですが、生徒たちの本音を聞くと

「春休みは勉強のやる気が起きないんですよね・・・」

「休み中は夜遅くまでゲームばかりやってます(笑)」


という声もちらほら聞こえてきます。


このダラダラした状態のまま新年度を迎えると、その後も引きずってしまわないか心配ですよね。
そこでおすすめなのが、新年度の目標を立てることです。

例えば

「数学の成績を1つ上げる!」

「テストで全教科平均点以上をとる!」


などの勉強に関する目標

「部活の大会で〇位以上をとる!」

「無遅刻無欠席を目指す!」


などの部活や生活面の目標でも、なんでも構いません。

そして、その目標を達成するためには、今何をしなければならないのかを考えてみましょう。
そうすれば、この春休み中にするべきことが見えてくるはずです。


春休みに限らず、ダラダラした状態から脱却したいなら、ぜひこの「目標を立てること」をやってみてください!


準備はオーケーですか?

こんばんは、則武です。

さあ、いよいよ新学期間近です!
みなさん、準備は大丈夫ですか?


前の学年の学習内容で、
やり残したことはないでしょうか?

特に年度終盤の学校ワーク等は、
やらずに残っていることもよく見受けられます。
必ずやり切り、きちんと理解を深めておきましょう。
残っていない人もやり直しをして、
わからないまま終わっているところがないように!


部屋の机や、カバンの中も整理しておきましょう。
前の学年にもらったプリント類等が
カバンに残っていませんか?
区切りの時期です。整理を進めましょう。
順番に、時期ごとに整理をしておくと、
あとでとても役立ちます。

前の学年でやったことを基礎にして
ワンステップ上がる学習内容もあるので、
もしつまずきそうになった時、
まとまった状態にしておけばスムーズに見直し点を探せます。


そして、ノートや筆記用具の準備も!
新学年になればノート類も更新です。
ペン類も、芯の残りが少なったりしていませんか?


さぁ、新たな気持ちでいいスタートを切りましょう!
何事も初めは大切です。

みなさんにとって、ステキな1年になりますように!

新しい教科書を開く!

こんにちは、則武です!

はや4月。新年度のスタートですね。
来月には時代もかわりますが、
新学期の準備はお済みですか?



新しい教科書やテキストは、
まず目次から目を通しておきましょう。

この一年で、どんなことをするのか
ぼんやりとつかんでおくだけでも大事です。


いきなり何かを目の前に出されても、
戸惑ったりしてしまうのはあたりまえ。

まして覚えようとするのは、
それがよほどの衝撃がない限りなかなか難しいものです。


でも、事前に見ておいて
「あ、これならいけそうだ」
「これは難しそう…しっかり授業を聞かなきゃ」
という心構えをしておくことが、
気持ちのメリハリやのちの計画に活かされてくるのです。


前の学年の復習に疲れたら、
すこし新しいものを開いてみるのがいいですね。


03 | 2019/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR