きたがく 塾ブログ 2018年11月16日
FC2ブログ

テスト終了後の心構え

こんにちは、則武です!

花川でも多くの生徒さんが今日定期テストを受けています。
そのがんばりが、しっかり答案用紙に反映されることを祈るばかりです。


さて毎度のことではありますが、テストが終わって安心してはいけません。

解いた問題の見直しを進めるというのはどこでも聞かれることですが、
ここではそれ以外の「見直すべきポイント」を挙げていきましょう。

1. 学校ワークの使い方
学校ワークは大きく分けて、
・直接書き込み、学校でのチェックの際に提出する
・別の書き込む冊子に答えを書いて、同様に提出する

の2通りがあると思います。
このうち前者は、提出の関係上一定の期間までに答えを記入して丸付けまで行わなければなりません。
そうすると、あとで復習をしようとする際にうまくいかなくなります。
かといって、ノートにやり提出の直前に答えを写すとか、
ワークを全部コピーするなんて手段は、余計な手間がかかるのでお勧めできません。

これへの対策としては、例えば
・できなかった問題をピックアップして、ノートに写す
などが挙げられます。
実際、答えとなるキーワードや数値は覚えている場合もあります。
重要なのは、問題を覚えること・どんなパターンが理解できていないかを知ることです。
また、記述式の問題であれば、何を聞かれたら何を答えればいいかを押さえることが重要になります。

また図や絵を用いた問題でこのようなことに直面した場合は、
・図自体を自分で書いてみましょう。
コピーではありません。やはりこれも、問題そのものを頭に入れることが目的です。

2. ノートの使い方
テストに向けた学習をしていく中で、
自分のノートに違和感を感じたことはありませんでしたか?
例えば
・習った時にノートをとったページをすぐに見つけられない
・以前に解いた内容を見ようと思ったら、計算過程などが消されていて参考にならない
・どんなところを間違えたか確認しようと思ったら、誤答を消して正解に書き直していて判別できない

などです。
その他にも、ノートを忘れてしまって別のノートや用紙に書いたので、途中が抜けている、なんてこともあります。
こうした部分を今後どうするかは、効率的な学習への修正ポイントになります。

3. 出題箇所の分析
「教科書だとここが出やすい」「ワークはこういった内容がそのまま宿題に出される」
といったことはわかりやすい分析だと思いますが、もう一歩踏み込んでみましょう。
例えば
・計算だけで○点になる
・一問一答だけで○点になる

などといった配分です。
出るかどうかではなく、得点上どうはね返るかも重要なのです。
ひょっとしたら、苦労の割には得点になりにくいところにこだわり、損をしているかもしれません。
確かにすべて解けることは素晴らしいですが、何事にも優先順位があります。
それを頭に入れれば、テスト翌日から始まる次回のテストへ注目すべきポイントを絞り、
授業を受ける際のメリハリにつながっていくでしょう。

このような見直しは、後になってからでは到底遅いです。
すべて、テストが終わった時点で確認し、
今修正するからこそ意味があります。

○○を覚えているかな…といった学習は一定期間が経って行うことも大事ですが、
これはまさに今やるべきことです。

さぁ、さっそく Let's try!
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR