きたがく 塾ブログ 2017年10月
FC2ブログ

目指す“ゴール”

屯田中央教室小野寺です。
気がつけば、10月最後の土曜日となりました。
初雪は降りましたが、あと1ヶ月ほどすれば根雪になるのでしょうか…。

さて、本日も受験対策講座を実施しております。学力テストまで、あと12日…受験生の皆さんは少しずつ目指したい高校がイメージできているのではないでしょうか?

屯田中央教室の生徒も、それぞれの目指すところへ向けて一生懸命頑張っているところです。
ただ、この受験対策講座が始まる夏休みの初回にも話したのですが、
「この受験勉強のゴールはどこでしょうか?」と質問すれば、大半の方が
2018年3月6日(公立高校入試学力検査日)と答えるのではないでしょうか。

もちろん、それも一つの正解ですが
私は受験対策講座の初回に「高校で最初の定期考査(定期テスト)までが勝負。そこが受験のゴール」と話しました。
「いやいや先生、何を言いますか!」
「高校に入学が決まればいいじゃないですか!!」
というご意見も承知しておりますし、理解しているつもりです。

当然、現在塾講師をしている私にもかつて受験生という時期があり、高校へ進学したわけですが
進学先の高校では似たような学力レベルの生徒たちとのスタートとなります。
そして、何よりまだまだ15歳という若さ(ウラヤマシイ)
高校受験が終わって「すべてをやりきりました!」というのは終わりではなく、一つの区切りだと考えます。
つまり、発展途上の15歳にとって、高校で「将来何を目指したいのか」「そのためにはどのような準備を行っていけば良いのか」ということを3年間で見出していくことになるでしょう。

そのために、高校受験と同じように選択肢を多く持っておくことが非常に大事なのです。
選択肢を多く持つためには、最初の定期考査でできるだけ上位を狙うこと。
同じレベルの生徒が集まる確率が高いと考えれば、スタートダッシュを切ることは努力すれば可能なことでしょう。

また高校は義務教育ではないため、
「学校に馴染めない」「授業についていけない」「欠席時数が多い」
…など、理由は様々ではありますが中途退学(一般的に「中退」と呼ばれるもの)も少ないわけではありません。
もちろん、望む学校へ進学してもらえる嬉しさはこの上ないですが
その一方で「○○先輩が高校途中で辞めたそうですよ」とごく稀に耳にすると、それ以上に悲しいことはありません。
そうならないためにも、メリットやリスクを含めた進路情報を当該生徒やご家族に正確にお伝えしますし、生徒にとってプラスになる進路指導を行っております。
本当の意味での進路実現とは、進学した高校で楽しく過ごしてくれることこそが一番と考えます。

そのような意味で、屯田中央教室の受験生保護者の皆様には
積極的にご不明な点を問い合わせいただくなど、大変助けられております。

今後も生徒それぞれの充実した高校生活を思い描いて、業務に精進したいと考えております。

髙井さんに撮っていただいたベストショット

さぁ、みなさんご一緒に!

花川大曲教室の則武です!


テスト対策も本格的に始まり、今日の大曲教室は通塾生のほとんどがいずれかの時間帯にいる日。
半端な気構えでは、こちらも身が持ちません。

さぁ、今日もみんながんばろう!


本日は、中3に関数の指導を。

DSC_7381.jpg
「二次関数の比例定数がプラスの数の時は、こう!」

DSC_7383.jpg
「そして、一次関数の場合は、こう!」

DSC_7382.jpg
「さぁ、いっしょに手を上げる!手を下げる!」

どうしても学習時間が長くなるテスト期間。
集中を切らさず、頭に血を回すためにも、身体を動かすことは大事!
どんなカタチでもいい!覚えていてくれれば!


それを見ていた1・2年生は、何の儀式が始まったのかという目をしています。

「こう!直線!ひじは曲げない!で、変化の割合はココ!ココだ!
2年生も、これは一次関数の説明だから、手を止められる人は見ておくように!」
「先生、ついに壊れましたねwww」
「何を言う!キミたちもいずれやるんだぞ!ヒトゴトではない!」

そうです。2年生にも見ていてもらって、3年生になったらどうなるかを知っておいてほしい。
個別指導なので説明の仕方はひとそれぞれですが、学校で習う内容はみな同じ。
自分の番が来た時に思い出してくれれば…その一念です。


ちなみに昨日、花川教室で同じように身体を張って説明していたら、中3女子たちが

「(ボソ)四十肩…www」
「(ボソ)歳には勝てない…www」


違う!確かに先生はメガネを遠近両用に替えたが、まだ若いぞ!気持ちだけは15歳だ!
パワーで若い子たちには負けたくない!

もう、日々戦いです。
もしおうちで、お子さんが勉強しながら体操のようなことをしていたら、
「あ、また何か塾で教わってきたんだな」と温かく見守ってあげてください。

物事には順序がある

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
発寒教室鈴木です。
今回はテスト対策で気になったことを取り上げます。

昨日(10/24)のテスト対策を受講したS君に理科の化学反応式を指導しました。
ちなみに化学反応式を指導するときに私は
①物質は化学式で書く
②各物質の原子のモデルを書く

モデルで表すと、「→」の左右で各物質の原子の数が合わなくなることが分かるので
モデルを利用して左右の各物質の原子の数を合わせていく。

この順序で解くことが重要だと、板書で説明しています。(※下記参照)

IMG_7173.jpg

テスト対策なので、S君には上のふたつをあえて板書せずに何問か解かせました。
しばらくして答え合わせをした後、S君にどうやって解いたのか聞くと…

「覚えていました!(゚∀゚) 」

確かに、テストによく出る公式や語句は暗記しているのが一番いいですが、
「テスト本番でド忘れしたら…」というリスクもあります。
その点をS君に伝えた上で、板書を書き、メモさせました。

そしてこの後が重要‼︎
間違えた問題の解き直しでは、板書の通り書いて解いているかを細かくチェックします。
手順通りに書いていなければやり直し!


塾はあくまでも「習い事」です。
習い事である以上、「正しいことを正しくやる」という信念で指導に取り組んでいます。
そして、答えまでの手順を確実に身につけることこそ、成績アップの秘訣だと私は確信しています。

さて…私が「物事には順序がある」ということをしみじみ感じている間に
S君は正しい手順で解き直しをして徐々に自信がついてきたようです。
(このブログを見ているS君!今週の金曜日に確認テストしますよ――)

きたがくの生徒は、先生から教わった正しい手順を何度も練習してください!

よく悩み、よく学べ

こんにちは。江別中央教室成田です。

先週の土曜日に道コンがありました。
今回の道コンから標準問題と裁量問題が選択でき、入試本番により近い練習となったことでしょう。

今回、教室ではこのような注意書きを掲示しました。

道コンの注意事項

試験中に、問題が一通り終わったからといってボーっとしていたりしませんか?
それはとてももったいない。
試験中は時間いっぱい集中してほしい!

45分×5教科を集中するというのは相当に大変です。
ですので、道コンで集中する練習をしなければ、本番である入試でやろうとしてもなかなかできません。

では、問題が一通り終わったら何をするか

見直し
入試は、1点2点の勝負になります。
符号や漢字の間違いなんてしちゃいけない!
見直しこそ集中してやる必要がある!

悩む
入試では、初めて見る問題を緊張した状態で解くことになります。
それに近い環境である道コンで、よく悩み、頭を使うことはとてもいい練習になります。
例えば、思い出せない語句があった時には、記憶の引き出しから取り出せるよう、集中して悩み続けてほしい!

入試までの時間を有効に使いましょう!

教科書に載ってるだけじゃない!

花川教室則武です!

もうが降りましたね。自転車で通塾するのはそろそろ難しくなってきます。
路面が濡れていると、ふだんより一層、車から自転車が見にくくなります。
安全に気をつけて教室へ来るようにしてください。
保護者の皆様もお気をつけて!


さて、日曜日は選挙でしたね。
中3にとって、選挙制度は試験範囲です。
政治に関心があるとかないとか、選挙に行くか行かないかではなく、
テストに出るのだから知っていなければなりません。

というわけで、やってみました。

「自分で判定してみよう!当選者は誰??」

比例代表の当選者決定方法はドント方式というやり方ですが、
これは表つきで教科書に紹介されています。
学校でも授業中、例を挙げて計算しているところがありますので、
しっかり勉強していれば中学生でも判定できるわけです。

今日は開票が終わっていたので、票数はすべてわかっています。
そこで、リアルな票数を用いて、実際に社会の指導だった中3生にやってもらいました。

自分で計算して出した当選者数は、リアルな数字を合致するのか??


すると…

見事に正解!
Nくん、キミはすばらしい!!

これ、おうちでも新聞やインターネットを使ってやってみることが可能です。
選挙に行かれたご家庭では、いっしょに計算してみると勉強になりますし、
お茶の間での話題のひとつにもなります。

選挙で定数が何人とか、次の国会は何で何をするのか…。
すべて試験範囲です。
中2以下のみなさんも、いずれテストで出る時が来ます。

勉強の素材は、教科書に載っているものだけじゃないんですよ?

“オノ ケンジ”って誰!?

屯田中央教室小野寺です。
今日は全教室で「第3回北海道学力コンクール(兼学力テストC対策模試)」でした。

学力テストCまで、あと19日です。
泣いても笑っても最後の学力テスト、限られた時間で最善を尽くして貰いたいと思います。
また、最善を尽くして貰えるよう、教室でもお手伝いしていきたいと思います。

さて、今回は受験対策講座(国語)でのお話をひとつさせていただきたいと思います。
この時期、国語の講座で「文学的文章」(小説)を扱います。
対策プリントとして、屯田中央をはじめ、幾つかの教室分を私が作成するのですが
実はそこで扱う作品が毎年“オノ ケンジ”という作者の作品を使用しています。

一昨年は、地区最下位の常連校だった女子バレーチームが地区準優勝へ漕ぎ着ける『データバレー』という作品
昨年は、ちょうど中学卒業後の進路で悩む少年を描いた『十五の悩み』という作品でした。

しかし… 「オノケンジって誰!?」という疑問が画面の向こうから聞こえてくるような気がします。
漢字では「 小野 賢二 」と書きます。それでも分からないですよね…。

実はこの塾のある講師が毎年、この時期のために執筆しているのです。
(つまり“ペンネーム”ということですね。ネタばらしをして申し訳ないのですが、きっと今頃執筆に追われていることでしょう…)


小野寺評として、彼の作品が「名作」なのか「迷作」なのかは分かりません。
 (…というよりも、彼の並々ならぬ苦労を察するにそんなことを簡単には言えるものではありません…)

ただ、ひとつだけ言えることがあります。
この作品に(良くも悪くも)出逢えるのは
 「受験対策講座(第3ターム)」を受講している生徒のみです!


秋も深まってまいりました。
勉強の合間に、ちょっとした息抜きに、たまにはスマートフォンやゲームではなく本を読んでみませんか?


Onodera

課題を見つけること!

大曲教室則武です!

花川教室のみなさんも見ていますか!!


さてテストに向けた勉強も本格化していますが、まずはこちらを。



私が今日、ホワイトボードに書いて説明したものです。

ですねー。
思いきりグラフの軸が斜めになってます。
「もっとていねいに書いてください」と言われそうです。


この問題、実は昨日の花川教室と今日の大曲教室で、まったく同じ質問を受けたものです。

何の問題でどういう説明をしたかは省きますが、解き方がどうこうということではありません。


この問題を私に質問してきた花川と大曲の生徒には、共通点がありました。それは、

「先生、ここがわかりません」と申告してきたことです。


自分独りでわからなくてもいいんです。それをわかるために塾に来ているのだから、全力で一人ひとり説明します。

ただ、どんないい解き方だって、理解するためにかかる時間や手順は人それぞれです。


「ただ唸って机に向かい、時間が過ぎるだけで終わっていないかい?」

「学校のワークを一回やっただけで、勉強した気になっていないかい?」

「グラフの問題を、ただ見つめるだけでできると思っていないかい?」

「目標を立てず、目をつぶってボールを投げるような勉強をしていないかい?」



今の自分の課題をしっかり見つけ、それに対処すること。
そのサポートをしっかりしていきたい
と思っています。
もちろん「自分からは聞けない」ということもあるでしょうが、
その時は、がんばって進めたノートやワークを見せてくれればいいです。
わからないところがあっても、自信をもって見せてください。
課題があればしっかり見ていて対応します。いっしょに乗り越えていきましょう。

そのために、先生はここにいるのです。


花川のHちゃん、大曲のTくん、よくぞここを聞いてきた!
コレ、代表的な問題なのにみんな引っかかってるんだ!
つまり、自分でしっかり課題点を見つけてきたということだ!
また一歩前進だ!うれしかったぞ!明日も頑張れ!

勉強は好きですか?

はじめまして。屯田中央教室藤原です。
「あれ、今日は小野寺先生じゃないのか・・・。」という小野寺先生ファンからの声が聞こえてきそうですが、今日は私が書かせていただきます!

2017101922215212d.jpg

ちなみに、こちらの画像に映っているのが小野寺先生です。
以前の屯田中央教室の記事に映っていたのが藤原です。
ややこしいですね(笑)


さて、いきなりですが皆さんに質問です。
「勉強は好きですか?」

大人の方は学生時代の頃、
「勉強は好きでしたか?」

教科によって好き嫌いはあるかと思いますが、勉強自体が好きかと聞かれて
自信を持って「はい!」と答えられる人は、それほど多くないのではないでしょうか。

きたがくの生徒は、体験指導時のアンケートを記入する際にこの質問に答えてもらうことになるのですが、
ほとんどの生徒は「嫌い」「どちらかというと嫌い」のところに印をつけています。

その嫌いな勉強を、学校でも塾でも黙々とやらなければならないとなると、誰でも気が重くなりますよね。
そこで、先日の花川教室の記事で則武先生が言っていた「工夫する」ことが大切であると私も思います。
今回は、私が実際に行っている実践例を2つご紹介します。

1つは、中2数学の「一次関数」のグラフを書く問題です。
その場で「書き方を覚えた!書けるようになった!」と思っても
次の週の指導時にはやり方を忘れたーということが例年あります。
そこで、時間を計って何秒でグラフを書けるかというタイムアタックを行います。

最初は30秒以上かかることが多いのですが、何度もやると10秒台前半で書けるようになった生徒もいます。
もちろん、スピードだけを重視するのではなく、正確に書けていない場合は記録なしです。
友達同士でタイムを競わせることもあります。
このように、ゲーム感覚で取り組むと楽しくてやり方も忘れづらくなると、まさに一石二鳥ですね!

もう1つは、主に小学生の指導で中途半端に時間が余った時などに、
同じ部首(さんずい、にんべんなど)の漢字を、「最低10個」「制限時間5分で書けるだけ」など目標を決めて書かせています。
ただ漢字の練習をしましょう、だと気乗りしない生徒も、喜んでやってくれています。
大人でも意外と難しいので、一度やってみてはいかかでしょうか。
ご家庭でも、何個書けるか親子で勝負してみるというのも面白いかもしれませんね。

このように、勉強を工夫することで
好きになるまではいかなくとも、勉強も悪くないなと思えるようなきっかけになればと願っています。

頑張れ、きたがく生!

※当記事の教室名をクリックすると、該当記事に飛べるようになっております!

たかが副教科 されど副教科

全道の~そして全国の「きたがく」ファンの皆さ~ん
こんにちは!
発寒教室鈴木でございます。

外は秋と冬が行ったり来たりしており、北海道らしい風情をしみじみと感じている今日このごろです。
きたがくの生徒たちは、来たる期末試験(中3はこれに加えて学力テストC)に向けて日々精進しています。
(いや、精進してもらわないと困ります^_^;)

さて、今回のテーマですが
「たかが副教科 されど副教科」です。

ご存じの方も多いと思いますが、ほとんどの中学校では、前期(夏休み明け~9月の間で実施)と後期(学年末試験に実施)に
副教科の筆記テストを行います。
よって、前期の副教科の評定が書かれた通知表をもらっているわけです。(※学校によっては、2学期終業式に渡す場合もあります。)

どこの塾でも当たり前ですが
「定期試験のテスト範囲表」
「得点通知表」
「評定が載っている通知表」
←世間一般で言う通知表はこちらの方
これらをもらったら、すぐ塾に持ってくるよう声かけしています。
にもかかわらず、毎回塾に持ってくるのを忘れ、結局そのまま学校に通知表を返却する生徒が後を絶ちません。

今、この記事をご覧になっている保護者の方々に、あえてお伺いします…。

お子さんの内申点(学習点)とランクを今聞かれたら、すぐに答えられますか?

きたがくでは、「学習意識の持続」という観点から、生徒と一緒に期末試験の目標を立てています。
ちなみに、発寒教室では…
①「今のランクより一つ上のランク」を目標にします。
②「一つ上のランクに上げるには、一学期の評定に対してあと何点評定を上げればよいか」を伝えた上で、どの教科をどれくらい上げるのか生徒と一緒に決めます。

(例:国語 一学期「3」→二学期目標「5」)

この時、副教科の最新の評定が分からないと「あと何点評定を上げたら、ランクが一つ上がるのか」講師が把握できません。
内申点(ランク)の計算は、9教科の合計を基にしています。
つまり、最新の9教科の(国数社理英は一学期の)評定が分からなければ、今度の期末試験の目標設定そのものが出来なくなるということです。


何事においても「目標なき取組み」では成果は得られません
(´・ω・`)ショボーン


つい入試5教科(国数社理英)の成績だけを意識しがちですが
保護者の方は、副教科の成績や現時点でのランクを今一度しっかりと把握した上で、家庭学習を応援してあげてください。
まだ、副教科の通知表を「きたがく」の先生に見せていない生徒は、早く見せてね♪


illust2094.png

見てみよう やってみよう

こんにちは。江別中央教室成田です。

今回は、受験対策講座の様子を紹介します!
先日は理科の「位置エネルギー」を扱いました。

位置エネルギーを簡単に説明すると
高いところから物を落とした方が衝撃が強い
重い物を落とした方が衝撃が強い

ということです。

内容そのものはとてもシンプルです。
だからこそ、意味をしっかりと理解しなければなりません!
ということで、理解を深めてもらうために教室で実験をしました。

違う高さから球を転がしたり

位置エネルギー


球を変えてみたりしました。

位置エネルギー2


09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR