きたがく 塾ブログ 江別中央教室
FC2ブログ

単位が大事

こんにちは。江別中央教室からです。

ときどき生徒からこんな質問があります。
「先生、密度の公式ってなんだっけ?」
「密度の単位はわかる?」
「んー、g/cm³ (グラム毎立方センチメートル)」
「それが公式だよ」


密度[g/cm³]=質量[g]÷体積[cm³] で求めることができます。
ただただ暗記をするだけだと、単位と公式の2つを覚えなけれまなりませんが、
意味を理解していると、片方を覚えさえすればいいのです。

圧力[Pa]=力[N]÷面積[m²]電圧[V]=電流[A]×抵抗[Ω] など、単位と公式が一致していないものも多いです)

また、実際に計算をするときに、
質量と体積から密度を求めることはできるけど、
密度と質量から体積を求めることができない、

というのをよく見ます。

例として挙げた公式はどれも、3つの値の関係を表した式になっています。
ですので、そのうちの2つがわかれば、残りの1つを求めることができます。
密度の公式で言えば、ただ密度だけを求める公式だと思ってしまっているのかもしれません。

その他にも、[m²] と [cm²] 、[g] と[kg] さらには[N] など、似たような単位の区別をつけずに、
問題文に出てきた数字でとりあえず計算してしまう、といったミスもよくあります。

理科の計算が出てくる単元は、比較的覚えることが少ないです。
しかし、中身をよく理解せずに公式を使おうとしてもなかなか上手くいかないことが多いです。
そういったことに気をつけながら勉強をしてみてください。
それと、計算公式は必ず単位もセットで覚えましょう!

下の画像は、密度の意味を確認するために授業で使ったものです。
水に沈むには、重いだけではなく(例:硬球)、大きいだけでもなく(例:青いゴムボール)、
密度が水より大きくなければならない(水の密度:1[g/cm³])という説明をしました。

密度

それが一番大事

こんにちは。江別教室から!

冬期講習が終わったと思えば、3年生はすぐに学年末テストがあり、今週末には私立高校の推薦・単願試験を控えている生徒もいます。
1か月後には私立高校の一般試験、さらにその2週間後には公立高校試験、と3年生は息つく暇もありません。

時間が少ないからこそ、計画的な学習が必要となります!
我々講師も、生徒一人一人にあった指導を計画・実施していくべく、日々考えを巡らせております。

1年生2年生も1か月後に学年末テストがあります。
点数アップを目指すのはもちろんですが、高校入試に向けて通知表の成績を意識しながら準備していきましょう!

教える人

道コン、そして重ねた努力

こんにちは、則武です!

昨日は中1.2の道コン受験日!みんな黙々と問題に取り組んでいます。来週からはいよいよきたがく模試が始まるぞーーー3年生!君たちのために今年も行ってきたぞーーー!





先生も、その姿に元気をもらい、ここまでやってきました。
みなさんの努力は、きっと実を結ぶと信じています。



そのさなか、ささやかですがこんなことをしてきました。



天満宮。学問の神様・菅原道真を祀る神社です。

菅原道真は、平安時代の貴族・政治家・文人。
教科書的には、「894年 遣唐使の停止」を決定したことで知られていますね(テストに出ますよ)。

当時は藤原氏が勢力を誇った時代。
その中で彼は、家柄を越え自分の力で若くして右大臣に上り詰めていきます。
日本史上に燦然と輝く秀才ですが、その努力は相当なものであったに違いありません。
機会があれば、歴代の右大臣を見てみてください。
そのほとんどが藤原氏・源氏・武家最有力者などの中、
すごいところに菅原道真の名があります。

しかし、彼はそれを妬まれ左遷の憂き目にあい、
住み慣れた京都から遠く離れた福岡・大宰府で、失意のうちに生涯を閉じました。

そしてその後に都で起きた様々な災害に結び付けられ、
祟りを恐れた人々は彼を雷神・天神として祀ります。

やがて時は流れ、秀才として再評価された彼は、学問の神様となったのでした。




彼の努力は、決して報われたわけではありません。
だからこそ、努力する者を救ってくれると思うんですね。





がんばるみなさんに、
きたがくの受験生に、
きっといいことがありますように!

やる気 元気 暗記

こんにちは。


生徒のみなさんはテストに向けて、教室で日々勉強しています。

漢字、英単語、理社の語句、などなど覚えることはたくさんあります。
そして、ただ語句を覚えるだけではテストの点数につながらないこともあります。

極端な例を言うと、国名や首都名をバラバラに覚えても意味がありません。セットで覚えてようやく正解につながります。
また、国名を知っていてもどこにあるのかがわからない、ということも多いです。
そんな時は、地図帳や地球儀を見ながら勉強すると良いでしょう。

イタリア

どの教科でも語句を文字列として覚えてはダメです。
その語句の意味も理解しなければ、正解にはつながりません。

暗記をするのはとても大変です。
時には気分転換に、自分で実際に地図を描いたり、遊び感覚で勉強をすることもいいと思います。

地図を描いたり遊び感覚で
ちずをかいたりあそびかんかくで
.......

冬期講習会



201712061200397c0.jpg


江別中央教室には江別市内の各中学校から沢山のお子さん達が通ってきてくれています。
中央中をはじめ、一中、二中、三中、野幌中、そして江陽中からも通ってくれるお子さんがいたりします。

昨日も中央中と三中のお子さんたちが講習会前の体験授業にお越しくださいました。
大雪の中ありがとうございました!


きたがくの講習会では主に前学期の復習を中心にカリキュラムを組ませていただきます。
中1、2年生のお子さんは2月に学年末テストがありますので、進みの良いお子さんはそちらに向けての対策も行っていきます。


特に中2生のお子さんは来年12月の志望校決定(三者面談)まであと一年


「まだ中2だし、受験まで一年以上あるもんね(^^)」と思っているキミはちょっと危険


一日でも早く「もう受験生なんだ」という感覚を持ち、1~2年生の復習をスタートしてください。




小さなことからコツコツと積み上げていきましょう💡
12 | 2020/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR