きたがく 塾ブログ 発寒教室
FC2ブログ

気づくって大事。

元気ですかー! (^o^)// テスト勉強進んでますかー?

初めまして!発寒教室古田です!!

最近はテスト対策講座で発寒教室以外の教室で授業をする機会もあるのですが、今日はそんなテスト対策講座でのひとコマをご紹介したいと思います。

ブログ下書2号対応写真


某日、屯田中央教室にて英作文ができなくて悩んでいるKくん。古田とこんなやり取りをしました。


K:「先生、白いシャツって『shirt white』って書きますよね?」

古:「お!じゃあその書き方が正しいか、一緒に考えてみようかKくん。例えば赤い花のこと、英語ではなんて言うの?」

K:「うーん、『flower red』ですか?」

古:「Kくんサッカー好きだよね。退場する選手に出すカードは?」

K:「レッドカード・・・・ああああ!!!」

古:「Kくん、白いシャツは?」

K:「『white shirt』だー!!」


…この後のKくん、どこかスッキリとした表情で問題に取り組んでいました。(^_^)d


私たちは知らない間に、普段の生活の何気ない場面から知識を得ていたりするものです。
この日のKくんは、好きなサッカーと日頃学校で勉強している英語の意外なつながりに『気づく』ことができました。

きたがくでは、各学校での定期試験前のワーク点検にも備えて『ワークの問題は3周するように』声掛けをしています。

1周目は、自分で頑張って解く。2周目は1周目で間違った問題を解きなおす。そして3周目では既に正解した問題も含めてもう一度見直す。

すると…1周目で正解していても意外と忘れていることに『気づく』んです。

勉強は『気づく』ことの連続なんですね♪


復習が大切です!

こんにちは!

さて、いきなりですが、皆さんに質問です。


「あなたが1週間前に食べた食事を覚えていますか?」


そんなの覚えているわけないだろ!と怒られそうですね(笑)

もし覚えている方がいるなら

よほど記憶力が良い

食事が大好きな方なのか

もしくは何か特別な日だったり、特別な食事内容で印象に残っていたりでしょうか。


実はこれ、勉強でも同じことが言えるんです。

「1週間前に習ったことを全部覚えていますか?」

と聞いた時に、覚えようと努力していない限り、全てを完璧に覚えている人はほぼいません。
人間は忘れる生き物なので、興味のないことや印象の薄い事柄を忘れるのは当然のことです。


でも、テストで良い点を取るためには、それを覚えていかなければなりません。
そのために、復習するタイミングが重要です。


「エビングハウスの忘却曲線」という、人が物事を忘れていく様子を数値化した有名な実験があります。
その実験によると、覚えたと思った内容でも1時間後には56%も忘れてしまうそうです。
さらには、1日経ってしまうと66%も忘れてしまうそうです。

何もせずに1日過ごすと、頭に残っている内容はたったの3分の1なのです。


では、いつ復習すればよいのかというと、おすすめは

・学校から帰ってきてから30分以内
・塾がある日は、塾から帰ってきてから30分以内


に復習すると、忘れる量を減らすことができます。
(その後、1週間以内にもう一度復習するとさらに効果的のようです。)


帰ってきたばかりで疲れていたり、食事をしなければいけなかったりと大変だと思いますが、
できる限り早く「習ったことをもう一度復習」することが大切です。

忘れっぽくて困っているという人は、この「帰宅後即復習法」をお試しください!
もちろん、勉強以外のことにも使えますよ!

体験授業@発寒教室 第2弾

こんばんは、発寒教室です。
先日に引き続き、今回も体験授業紹介シリーズ第2弾を投稿します!
今週は、姉妹、姉弟で体験に来ていただいた2組をご紹介します!

1組目 ~ 中2と小6の姉妹 ~
姉のほうは、英語「will」と「be going to」の使い分けについて指導。
中1英語は正直言って、単語をたくさん覚えていればなんとか英文は書けるレベルですが、中2ともなると、和訳が長くなる分、英文も複雑になります。単語と単語を繋げて…なんて甘い考えでは、この先伸び悩むでしょう。
演習を通して、彼女が普段どのように英語を勉強しているのかもヒアリング。
すると…どうやら、英和辞書をうまく活用していないことが分かり、急遽「so」という単語の意味(主に3つの意味があるので)を教室にある辞書を使って調べることに。
辞書を通して、複数の意味を知る、合わせて例文も見ることで、効率よく知識を吸収する方法を伝えました。

妹のほうは、「速さ」の単元から、速さの単位の変換(例えば、時速36km=分速600m)を求める問題。
短い時間での指導でしたが、一問一問一緒に解いていく中で最後は彼女一人でも解けるようになりました。あとは、同じような問題をきちんと復習してくれることを願って…(´ω`人)

2組目 ~ 中1と小3の姉弟 ~
姉のほうは、春期講習会にも参加してからの体験授業。
前回は、まだ中学校生活が始まる前だったので、その後の様子について聞いてみたところ、勉強面では数学が難しくて苦戦中とのことでした。
そこで、今回の体験授業では数学の「文字式」のルールや式の表し方を復習することに。
文字式で表す問題のコツを解説し、実際に問題を解いてもらったところ見事全問正解でした!
この単元以降も、文字式を使った問題がたくさん出てくるので、今のうちにしっかりマスターしておこうとアドバイスしました。
こうして、きたがくの授業をまた受けていただけることは講師一同、嬉しい限りです(*´ω`*)

弟のほうは、今回が初めての塾ということでしたが、元気いっぱいで楽しくお話ししてくれて、勉強もしっかり頑張ってくれました!
学校で算数の「余りのあるわり算」をやっているということで、計算のやり方を説明してから問題を解いてもらったところ、なんと全問正解!ヾ(≧▽≦)ノ
算数が苦手とのことでしたが、先生の話をしっかり聞いて集中して取り組んでくれて先生も嬉しかったです。
あとは、計算スピードと文章問題が課題なので、そこは今後頑張って克服していこうとお話ししました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
さぁ、いよいよ来週から「夏期講習会」が始まります。
おかげさまで、今年も発寒教室は講習会期間中の開講日すべて、ほぼ満席となりました。
ありがとうございます。

今回講習会に参加するみんな!夏休みを無駄に過ごすか有意義に過ごすかは
君たちの気持ち次第ですっ!!
夜更かし厳禁!
こまめに水分補給!
習った事はその日のうちに復習!
この3つを守ってください♪

発寒教室からお知らせです

こんにちは!

発寒教室です!


自習可能日追加のお知らせです



発寒教室ではこれまで、通常授業日の曜日のみ自習可能でしたが
6月15日より曜日も自習可能となりました

各曜日とも18時半~21時半まで自習可能です!




発寒教室のみなさんはあまり自習にきたことがないと思うので
ここで、自習に来るメリットをいくつか挙げておきます。


①家に比べて誘惑が少ない
 →塾には漫画もゲームもありません。
  YouTubeも見れません。勉強に最適です!



②自主的に勉強する癖がつく
 →「他人からやらされる勉強」より「自分からやる勉強」のほうが効果があります!(と、先生は思います)
  ”受験生になったら自習頑張る” と思ってる子も多いかもしれませんが、人間そんなに急には変われません。
  低学年のうちから自習する習慣を養いましょう



③先生からアドバイスを貰える
 →先生の手が空いているときはアドバイスがもらえます少し大きい文字
  特に火曜、木曜は基本的に授業はないので、
  細かいアドバイスが貰えておすすめです!






やることが決まっていなくても、とりあえず教室に来てみましょう!
みなさんが自習に来るのをお待ちしてます

体験授業@発寒教室

こんにちは、発寒教室です。
ありがたいことに、体験授業や夏期講習会の申し込みを続々といただいております。
今回は発寒教室の体験授業の様子をご紹介いたします。

1人目 ~ 中学3年生女子 ~ ※お友達紹介キャンペーンで受講
志望校が上位校のため、学力をつける必要があるとのことで塾に通う必要性を感じたとのこと。
ここで言う「学力」とは、単に学校の期末試験で点数を取れる学力を指すのではなく、「道コンや入試で結果を出せる学力」を指します。
体験授業では、期末試験の数学で分からなかった問題の中から、道コンや入試にも出る問題を解説。

上位校を受験するとなれば「難しい問題を解いてライバルに差をつけるか」より「いかに基本問題で失点しないか」が結果を左右します。
このことを伝えた上で、基本レベルである計算問題で失点した原因を探り、正しい解き方をアドバイスをしました。

彼女の体験指導を通して印象に残ったのは、彼女を紹介した塾生と終始楽しく勉強をしていた様子です。
受験勉強は個人戦ですが、その一方で、友達と一緒に切磋琢磨して成長できる場として塾があると改めて気付きました。

2人目 ~ 中学2年生男子 ~ ※お友達紹介キャンペーンで受講。
ゲームが好きで、将来もゲーム関係の仕事をしたいそうです。
そして、アンケートで「勉強は好きですか?」という問いに対して「嫌い」のところにチェックがついているのを発見!
これも毎回言っていることではありますが、勉強が好きでやっているという人はほとんどいないので、勉強が嫌いなこと自体は普通なのです。

大切なのは「それでも成績を上げたい!という強い気持ち」と「正しい勉強法を継続して取り組めるか」です。
そして彼からも「勉強は嫌いだけど、成績を上げたい!」という力強い返答をもらったので、安心しました(*´ω`*)
連立方程式の計算のやり方がわからないということで、体験授業では連立方程式を解く上での考え方や手順をガッツリ解説!
短い時間の中で、完璧!とまではいきませんでしたが、ある程度自力で解けるようになってくれました。
あとは家でしっかり復習してマスターできるかが勝負だよ!とお話ししました。
ついでに、ゲームを作るなら計算は出来た方がいいよ、というお話もしました( *´艸`)

 他にも、小学生の体験指導も何件か実施しました。
(長文になるので、割愛します…スミマセン)

1学期期末試験の結果が思わしくなった中学生たち!
学校の授業についていけなくなって困っている小学生たち!

ぜひ、この機会に「きたがくの体験授業」を一度受けてみてはいかがですか?
君たちがまだ気づいていない勉強のコツを教えます
07 | 2020/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR