きたがく 塾ブログ 花川教室
fc2ブログ

ONE more STEP!

花川教室則武です!

教室の窓から見える手稲山も雪帽子。

冬が近づいてきましたね。

自転車通塾からご送迎に切り替わるご家庭も多い時期。

どうぞお気をつけてお越しください!



さて、テストの週に突入した花川教室。

試験の範囲にも変更があったりします。



学校ワークをいっしょに見ながら確認。

試験範囲が短くなると、出題の傾向も変わるハズなので…



できる限り具体的に調整をします。

「近畿地方は要注意!」「京都と言えば!?」などなど…。



また、直前にプリントが配られる学校も。

このプリント、実は過去問から出ていたりして侮れません。しっかりチェック!





さぁ、みんな最後の力を振り絞って、

一歩でも多く前に!!



道具の工夫!

こんばんは、則武です!
テスト目前になり、小指の横が真っ黒になるこの頃ですが、いかがお過ごしですか?
え?なってない?なるくらい頑張りましょう!

でもたくさん書いていると、ペンやノート、計算用紙の消費が激しく、
特に授業が終わるたびに紙の山ができてしまうことも。

そこで、こんなものを使っています。



何てことはない、100均で売っている小さなホワイトボードです。
これの使い勝手が非常に良くて、授業でも活用しています。


ちょっとした計算にはとても重宝します。また、図形やグラフを描く場合も、書いては直し、といったことがやりやすいです。


さらに、おはじきを使って…


こんなこともできますね。
特に必要なことは、ここからノートに写せばいいわけです。
たくさん書いて、視覚で理解して、必要なことをまとめる。
いい練習になります。

この他にもいろいろなものを使っているので、またの機会にさらなるご紹介をしてみたいと思います。
すぐ手に入る道具も、工夫すれば理解を深めることに活用できますよ!

教科書に載ってるだけじゃない!

こんにちは!突然ですが・・・政治についてお話をいたします。

中3にとって、選挙制度は試験範囲です。
政治に関心があるとかないとか、選挙に行くか行かないかではなく、
テストに出るのだから知っていなければなりません。

というわけで、やってみました。

「自分で判定してみよう!当選者は誰??」

比例代表の当選者決定方法はドント方式というやり方ですが、
これは表つきで教科書に紹介されています。
学校でも授業中、例を挙げて計算しているところがありますので、
しっかり勉強していれば中学生でも判定できるわけです。

今日は開票が終わっていたので、票数はすべてわかっています。
そこで、リアルな票数を用いて、実際に社会の指導だった中3生にやってもらいました。

自分で計算して出した当選者数は、リアルな数字を合致するのか??


すると…

見事に正解!
Nくん、キミはすばらしい!!

これ、おうちでも新聞やインターネットを使ってやってみることが可能です。
選挙に行かれたご家庭では、いっしょに計算してみると勉強になりますし、
お茶の間での話題のひとつにもなります。

選挙で定数が何人とか、次の国会は何で何をするのか…。
すべて試験範囲です。
中2以下のみなさんも、いずれテストで出る時が来ます。

勉強の素材は、教科書に載っているものだけじゃないんですよ?

昼から夜、模試そして勉強会!

こんばんは、則武です。

今日は中3の学力テスト対策模試に加えて、定期テスト対策の勉強会を開催しています。



中3の生徒は午後1時から模試があり、そのあとも残ってさらに勉強している生徒も。
こちらもついつい、気合が入ってしまいますね!
(先生は入りすぎ!少し抑えてください! とよく言われますが…)
おかげで、質問にお応えしてるとボールペンのインクが飛ぶように消えていきます。
嬉しい限りです。いっぱい聞いてください!

今日だけではなく、明日も開催予定です。
おうちで集中できないという昔の私と同じようなみなさん、
ぜひ一緒にがんばろう!!

テスト対策は多面的に!

こんばんは、則武です!



窓の外に見える手稲山の夕景も、どことなく季節の移り変わりを感じます。
秋は夕暮れ、と清少納言も言っていましたね。



理科や社会を暗記教科だと思って、用語の記憶ばかりに頼っていませんか?

「高度経済成長にブレーキをかけたできごとは何?」
「オイルショック(石油危機)!」
「じゃあ、石油危機とは何か説明してみて」
「あぁ~!」
だいたい、中東戦争に関係する説明はできないことが多いです。

用語は覚えるだけだと、まだ学習の半分です。
その用語について説明ができるようになって初めて、理解したと言えるでしょう。

記述問題等は、まさしくこの力が問われます。
先生としてもそう。用語を覚えているだけではなく、その説明ができるから先生なのです。

テストの前、各教科の勉強が一面的なことにならないよう、いろいろとチェックをしています。
テスト対策とは、そういうものです。
11 | 2021/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR