きたがく 塾ブログ 花川教室
FC2ブログ

さぁ、新学年への準備を!

花川教室則武です。

テストの返却が進んでいますね。
見直しはしっかり行えているでしょうか?

…が、テストの見直しはわりとみなさんやっていると思います。
学校の授業中に行っているところもありますし。

ですが!この現実もまたしかり!!
こちらをご覧ください。



こちらは、今日中2向けに出題した単語のチェック問題です。
青と赤の部分が答えてもらった部分になります。
過去形と、単語の意味ですね。
ここ2年間で習った単語から抜粋し、今日の授業でチェックしたのですが…

けっこうできていません。
しかも、みんなあまり変わらずに。

定期テストで90点近くとっていた生徒が、ポロポロ抜けています。
でも、平均点くらいの生徒も同じくらいです。



ここで取り上げたのは「不規則動詞」といって、
受験前には覚えているか確認しておくよう言われる、定番の定番です。

つまり、定期テストの優劣が、そのまま入試に向けて十分かどうかを
表すとは限らない
ということなんですね。


実は、だいたいこのような結果は予測していました。
その上で出しています。
目的は、先週のブログでもご紹介したとおり、

ここできちんとした見直しをして、自分の課題を認識し、
さらに努力
を続けてもらうためです。


強調文でも、完全に忘れているわけではないんです。
正解を伝えると、みな一様に
「ああぁ、そうだった~!!!」
という反応をします。
整理ができていなかったり、慌てていたりすると、
出てこなかったり、余計なものを出したりするわけです。
あの夢を叶えてくれるネコ型ロボットも、
焦っているときはポケットからやかんを出すのですから。

今すべきこと、それは弱点を再認識した復習!
今日は実例をご紹介してみましたが、
ご覧になっているみなさんはいかがでしょうか?


分野を意識して!

こんにちは、則武です!

きたがくは「自分から質問できない」という生徒さんももちろん大歓迎です!
ところがそういった形で入ってきて、
いつの間にか自分でいろいろ聞いてくるようになっていた
という生徒さんも最近は特に見るように思います。

特別そのようになるようにしているわけではないんです。
自然発生的なことなんですね。
そんな姿を、ちょっといいな、と思う今日この頃です。



さて、今日は自習に来た中3の生徒たちが模試の範囲表を広げていました。
もう入試が近いので、表を見るまでもなく範囲はほぼすべてです。
そして声をかけてみると、こんな答えが返ってきました。

「模試に関係なく、今日勉強していく分野を確認してるんです。」

ほう、ちゃんと心得てるね!


数学などは、解答用紙や問題用紙を見た瞬間に
「あ!作図ある!今回もまた垂線を書くのかな…?」
「グラフが放物線だ。中3の関数だな…」
などと、見た瞬間に分野が判断できるものが多いです。
しかし例えば英語は、
いつ何の分野をやったところが出ているのか、
それこそ問題をよく読んでも判断できないことが多いものです。
つまり、やみくもに過去問などを解くだけではなく、
分野ごとに意識して確認することも大事なんですね。

それをちゃんとできていることに安心しました。
たぶんそういったことができていれば、
入試と定期テストの両立や、分野・教科の配分もちゃんと考えてくれるでしょう。

自分の決めた分はやりきって帰っていきましたが、
きっとおうちでもまたチャレンジしてくれるんでしょうね。

うん、楽しみ楽しみ!!

ここから5月までは忙しいぞ!

花川教室則武です。

いよいよ入試本番、そして学年末テストですね。
プレッシャーもあるでしょうが、
ありのままの自分を存分に出してほしいと思います。
大事なことは、自分の力を100%発揮することです。




さて、このあとの時期ですが、
「試験が終わったら、すっかりだらけている」
「このあと、家庭ではどのようなことに気をつければいいんだろう」
という声を聞きます。

中学生の場合次の大きなテストは6月。
一年で、テストまでの期間が一番長い期間に入ります。
一番気が緩みやすいです。

しかし、この時期の過ごし方は非常に重要です。
学校行事などのことを考えてみましょう。



3月は卒業式シーズン。
その準備などで、あれこれと授業以外のことが入ってきます。
その後は春休みですが、
ともすれば「勉強が終わった」気になって勉強がおろそかになりがちです。

4月に入ると、入学式や始業式関連の行事があり、
その後始まった授業はオリエンテーションがあって、
実際の中身に入れるのは中旬ごろです。
そしてちょうどそのあたりに、
各種計測や学級写真の撮影、さまざまなことが目白押しです。
中学校によっては、早々に修学旅行へ行くので、
前後にもいろいろなことが入り、まったく授業が進みません。
そしてそれらが終わると、ゴールデンウィークです。




どうですか?落ち着いて勉強しにくいですよね?
なので今のうちに復習するのが大事ですが、
特に去年の一学期の内容を復習していただきたいです。

中学生の数学を例にとると、内容は大きく
計算
関数
図形など

の三つに分かれます。
そしてこれらの中ではそれぞれ、
去年の内容をベースに新しいことを教わる
要素が強いです。つまり、
去年の内容を理解していないと最初からつまづく
ということになります。

もっともそのことは、お気づきの方も多いでしょう。
しかし、考えてみてください。
保護者の方は、御自分のコトも思い出してみてください。



4月になってからも、去年の教科書をひっぱり出して
コツコツと勉強している人はどれだけいるでしょうか?




もう、絶対に今のうちです。
今やらないと、あとからではなかなか手を出しません。
人間、目の前のことをやりがちです。

ですから、おうちでも声を掛けてください。
あとになってからだとなかなかできないから、
今のうちにしっかりと復習をしましょう。
3月から5月上旬は、何かと忙しいです。
わかっていても、なかなかできることではありません。
時は金なり。
この与えられた時間を、大切に使いましょう。


あえてこの時期に提言してみました。

調べる、ということ

こんばんは、則武です!

いろいろな教室で生徒のみなさんと接していますが、
その中でこういう質問を受けました。


「先生は何でそんなことまで知ってるんですか?」


私自身、ほとんどの教科で大きな挫折を経験しました。
実際、今でも勉強自体は嫌いです。
ですが、よくしていることがあるとすれば、それは


「わからなければとにかく調べる」


でしょうか。


勉強に限らず、世の中に自分の知らないことは
たくさんあります。
実は身近なことでも、
その仕組みについてよく知らないということは
よくあることです。

それについて深く調べていくと、
新しい発見がたくさんあるわけです。
もし調べられなければ、調べ方を調べます。
こうしたことは、すべて経験として
確実に蓄積されていくのです。


道に迷った時、
自分で地図を見て、時に失敗しながら、
自分の力で発見したり、地図の見かたを知った人は、
道に迷うことはないそうです。
私もそう思います。
ですから、発見のしかた、地図の見かたを、
教えてあげたいと思うのです。


「どうしてそうなっているかというとね…」
「へぇー!」
知識を増やすだけではなく、
知る喜びを知ってもらいたいと思っています。
もしご家庭で、
「先生からこんなこと聞いたよ!」
という会話があったとしたら、
それは大きな一歩だと思って褒めてあげてください。


学校ワークは「繰り返し」が肝心

花川教室則武です。


さて、テスト期間に学校ワークを進めていると、
よくこんな場面があります。

「学校ワーク、提出したので持ってきてないです。」
「書き込んでるので繰り返しできませんでした。」


ワークは多くの学校で定期的なチェックをしており、
その場合は書き込んで提出、というのが主流。
これは学校のきまりなので、仕方ありません。

でも、試験範囲表にはこう書かれています。



ワーク点検は、随時行う学校もあります。
何かしらの対策をしなければ、その間勉強が止まってしまいます。
また、書き込んでも繰り返しできるようにしないと、
試験対策をしっかりしたことにはなりません。

そもそも、ワークは埋めるのが目的ではありません。
提出が目的でもありません。
 知識として身につけるのが目的です。

その目的に沿って考えれば、
「できていないところは繰り返す」
が浮かんできます。


ワークはまず習ってすぐ一度解いて、
わからなかったところは
問題を専用のノートに書き写すという方法があります。
そうすれば、提出しても問題は手元に残ります。
図や写真は、コピーして貼りつける手もありますね。
そして、しっかりできるようになった問題にはチェックを入れ、
繰り返しから消していきます。


上記は一例ですが、このように
ワーク繰り返しにも工夫が必要です。
日々、勉強のやり方についても
考えを巡らせることが大事ですね。



01 | 2020/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR