きたがく 塾ブログ 屯田中央教室
FC2ブログ

小学生と中学生の違い その2

こんばんは!
屯田中央教室です。

今回も、中学1年生向けに小学生と中学生で変わってくることをお話しします。
前回の「小学校と中学校の違い その1」もぜひご覧ください。


さて、今回は成績の評価方法の違いについてです。
小学校では、学校にもよりますが主に「よい」「たいへんよい」などの表現で評価されることが多いと思います。
それが中学校になると、「1~5の五段階評価」で、数字ではっきりと評価されるようになります。
「5」が一番良くて、「1」が一番悪い成績となります。


先日、数学がとても得意で、数学ばかり勉強している中学1年生の生徒がいたので、以下のようなお話を実際にしました。


「極端な例だけど、数学をすごく頑張って勉強して成績「5」がつきました。でも、他の教科の勉強を全然やれなくて成績「2」がつきました。そうすると、中学校では全体の成績によってランクが決まるんだけど、数学だけよくて他が悪いせいでランクがBからCになっちゃったら悲しいよね?」


もちろん、自分の得意な教科を伸ばすことはとても大切です。
ただ、ランクを意識すると得意な教科を伸ばすだけではなく、苦手な教科の底上げも必要になってきます。


5教科に絞ってざっくり計算すると

数学「5」国語・社会・理科・英語「2」⇒合計13
数学「4」国語・社会・理科・英語「3」⇒合計16

というように、バランスよくとれたほうが合計が高くなります。
そして、合計が高いほどランクもあがっていくことになります。
(正確なランクの計算方法については、長くなるのでまた別の機会にご紹介します。)


そして、北海道では1年生の成績もランクを決めるのに関係してくるので、ある意味「中学1年生から高校受験は始まっている」と言っても過言ではありません。
(他の県では、中3の成績のみが関係するところもあります)


余談ですが、私自身がこの事実を知ったのは中学2年生の終わりごろでした。その時に私が思ったのは「それをもっと早く知っていれば、あの教科をもっと頑張ってランク上げたのに・・・。」という後悔の気持ちでした。
実際にそうできたかどうかはまた別の話ですが(笑)


だからこそ、同じことを経験してほしくないので、中学1年生の皆さんには必ずこのお話をしています。
中学校に入ったばかりなのに高校なんて考えられないよ、という気持ちもわかりますが、後悔しないように一つ一つの試験に全力で取り組んでいきましょう!


受験生としての自覚

こんばんは!


中2生の皆さんは、学年末テストが終わってホッと一息ついているところでしょうか。

そして来年度は、いよいよ受験生となりますね!


しかし、まだ受験生になるという実感がないという人がほとんどだと思います。

そこでおすすめなのは「公立入試の過去問を解いてみる」ことです。

まだ半分、もしくはそれ以上習っていない状態ではありますが、習ったところだけに絞ってやってみると良いです。


実際に教室で、学年末テストが終わった日に、数学の過去問を解いてもらいました。

すると、

「習ったはずなのにやり方を忘れてしまっていた」

「見たことない問題だったけど、解説を聞いたら意外と簡単だった」

「やり方は間違えたのに、答えが偶然当たっていた。この年の受験生だったらよかったのに(笑)」


というように、たくさんの発見があったようです。

これから何をしていくべきなのか、身を持って感じてくれたのではないでしょうか。


以前にもご紹介しましたが、公立入試の過去問は北海道教育委員会のHP(http://www.pref.hokkaido.lg.jpにありますので

中3生になる直前の今、受験生としての自覚を持つためのきっかけとして、ぜひ挑戦してみてください!

カレンダーを見て計画開始!

こんにちは、則武です。

今日は私立高校一般入試B日程ですね。
教室では、公立高校推薦内定の知らせも届くようになりました。
さぁ、みなさんも続いてくださいね!



一方、中2以下では学年末テストが終わったところも出てきました。

ここで気を抜いてはいけませんよ!

「え~、次のテストは6月だし…」
「いやいやいや!時間は全然ないぞ!カレンダーを見てごらんなさい!」

今年はご存じの通り、5月に10連休が控えています。
その前後には、中3の修学旅行をはじめとした学校行事が目白押しです。

授業時間は休日日数とは別に設定されていますから、
その授業時間は学校毎に何らかの措置が取られることでしょう。
しかしカレンダーの妙もあり、今年の4月は授業進度がどうなるか非常に微妙な状況にあります。

連休が明ければ、1学期のテストまでもう1か月余りとなります。
場合によっては、試験範囲を終わらせるためにブーストをかけて授業が進むかもしれませんね。
しかも、ちょうど部活の大会も近くなってきます。

どこかでこれまでの復習期間を作っておかなければ、
たいへんなことになってしまうかもしれません。


この2月後半から4月までは、
これまでに残してきた部分をしっかり復習するいいチャンスです。
中長期的な展望に従って、できるだけ苦手な部分を減らしておきたいところ。

この1年でやったところを、今一度見返してください。
そして、早く復習に取り掛かりましょう!

生徒から伝わる熱量。

あいりの板書

こんにちは。

上にホワイトボードの板書(画像)がありますが、言うまでもなく汚いです。
ただ、このホワイトボード、ひとりの授業の説明のために何度も書いては消し、書いては消しを繰り返した結果のホワイトボードなのです。

きたがくの先生は個性の強い先生が多いですが、
その一方で、投稿している先生が誰もが共通して同じことは
先生方が熱心である
ということ。
それでも内に秘める熱血タイプや、表情を見ると一発で分かる熱血タイプの先生もいるでしょう。
(それは、各教室にいる先生をチェックしてみてくださいね!)

但し、そんな先生方であっても、時には生徒皆さんから勉強に対する情熱がひしひしと伝わってくることがあります。
今日は、そんなきたがくの生徒のお話をさせていただきたいと思います。

中学生の皆さん。特に札幌の中学生は合唱コンクール間近で練習も大詰めでしょう。
今日の主役(Aさんとしておきましょうか)は、そんな合唱コンクールでも重役を担い
且つ授業の次の日は、英語・数学・理科の単元テストが1日で3教科を行う過密スケジュールになっていました。
ただでさえ、合唱コンクールの練習で忙しいのに主要3教科のテスト…Aさんは90分の授業を無駄にすることなく一生懸命勉強していました。

分からないところを積極的に質問してくれることも良いことなのですが
この日のAさん、何よりも素晴らしかったのは、決して弱音を吐きませんでした。
直前の限られた時間なので 「ここの範囲は勉強して間に合わないから諦めよう」…なんて声があってもおかしくないのですが
本当に教室の扉を開けるまで、ガッツを見せてくれました。

さらに感服したのは、終了のチャイムが鳴ったのですが
「ここだけ、終わらせる?」と確認すると「はい!」と答えたことです。

(普通は、チャイムが鳴ったら帰りたくなりますよね。夜も遅いし…)
でも、結局チャイム終了後10分居残り特訓をして頑張ってくれました。

決して「みんなも居残りしようぜ!」ということではありません。
ただ、どのようなことでもそうですが、普段と少し違う光景をを目の当たりにすると、新鮮に見えるときがあります。
私らも「熱心に授業している」という思いは変わらないのですが、何処か“初心”を思い出すというか…。
そんな熱い何かを思い出させてくれた授業が今週ありました。


「初心忘るべからず」 という諺(ことわざ)がありますが、
私たち講師陣も、今後も初心を忘れずに授業を行っていきたい所存です。

ポジティブに捉えよう!

こんにちは!
屯田中央教室からです。

前回は中3生向けのお話だったので、今日は中1・2年生向けのお話です。


皆さん、学年末テストに向けての対策は進んでいますか?
札幌市内だとほとんどの学校は2月の中旬にテストがあるので、およそ3週間前という状況かと思います。


テスト範囲表が配付されるのがテスト2週間前なので、それまでに最低でも学校ワークを習ったところまで終わらせておかなければいけません。
というのも、今回は学年末テストということで副教科の勉強も入ってくるので、範囲表が配られてから進めているようではとても間に合いません。


よくあるのが、「5教科ばかり勉強してて、副教科がほぼ無勉で終わってしまった」というケースです。
副教科の勉強をおろそかにしてしまうと、例えば実技の方ですごく頑張って成績「5」がつく状況だったとしても、テストの点数の方で足を引っ張って「4」や「3」にまでなってしまうと悲しいですよね。


逆に言うと、運動が苦手で体育の成績「2」がつきそうな感じであれば、保健体育のテストで満点近くとることができれば「3」に上げることができるチャンスでもあるわけです。
毎度口を酸っぱくして「副教科が大事!」という話はしてきていますが、やることが増えて面倒臭いなーと考えるよりも、実技の失敗を取り戻すチャンスだとポジティブに捉えていきましょう!



運動音痴