きたがく 塾ブログ 事務局
FC2ブログ

生徒面談後のお電話について

こんばんは、則武です。


試験終了後に、中学生のみなさんと生徒面談をさせていただきました。

志望校、通知表の目標、テストの目標を順次挙げてもらい、
それに対してアドバイスをするという形なのですが…

シンプルながら一人ひとりの特徴がとても出ておりまして、
いま保護者の方にもお話の内容をお伝えしているところです。


生徒面談では、ざっくばらんな中でもしっかりとした指摘もいたしました。
例えば、

・志望校の記載は1校

・通知表の目標はアップで書いてあるが、ランクの目標が書けない

・テストの得点目標が、ランク目標に届かない点数


といった場合、

・行きたいと考えている高校はある

・どのくらいがんばらなければいけないかのビジョンが足りない


という感じです。

ちなみに、志望校は決まっていないが点数への執着はある、という逆の生徒もおります。



こういったことについて指摘やアドバイスを行った内容を、

現在お電話等でおうちの方にもお伝えしています。

ご報告をすると、

「家では言わないが、そんなことを考えていたのか」

とか

「そこがぼやけているから学習量が足りていなかったのか」

など、新しい発見もあるようです。



テスト後の検証はただ点数の上下についてだけではなく、

勉強量が多かったのか少なかったのか、

その原因はどこにあるのか、そこをしっかり検証しなければ

次によくなることはありません。

そしてどういった方向性のお話をしたかは

ぜひおうちの方にも知っておいていただきたいと思います。

貴重なお時間をいただいていますが、

お電話の際はご協力いただければ幸いです。

生徒面談!

こんにちは、則武です。

テスト週間もほぼ終わり、教室では見直しの時期に入っています。
部活の大会が迫っている生徒もおりますが、
ここでしっかり目標を立て直したり、
今後の方向性をしっかりしておくことが大切ですよね。


そこで、今週から1人ずつ生徒面談を行っています。



それぞれの状況に合わせて、必要なアドバイスを行うのが最大の目的です。

・行きたい高校があるが、目標が高くて今後どうしたらいいかと思案中の生徒
・志望校はあるが、内申点の目標が食い違っていて修正が必要な生徒
・勉強に対して不器用で、自分の進め方をなかなか変えられない生徒
・学校や塾以外の学習時間をもっと増やすことが必要と思われる生徒
・部活がキツくてすっかり疲れ切っている生徒
・改まった形で話すと饒舌になり、自分の夢を語る生徒

など、いろいろな生徒がいます。

共通して必要なのは、現状に満足せず新たなチャレンジを行っていくこと。
しかし、無理に押しつけることは絶対に良くありません。
最終目標が決まっていない生徒に、ただ点を上げろと言っても
やる気は上がらないもの。
彼らには彼らの気持ちがあるからです。

さらにその生徒を深く知るために、
時間をとってお話をさせていただいています。
普段接する機会の多い生徒とも、
改まって話すといろいろなことが出てきて、
実に参考になります。


一緒に夏を乗り切るために、
この貴重な機会を活かしたいと思っております。

コロナウイルス対策!

きたがくでは、空間の細菌・ウィルス対策として
次亜塩素酸空間除菌脱臭機を導入しております。



次亜塩素酸はプールや水道でも使用されており、
細菌やウィルスの除去作用があります。

きたがくでは冬に入る前から
インフルエンザなどの感染症を予防する目的で、
ウィルスの拡散を防ぐための加湿器と併用する形で
使用して参りました。

新型コロナウィルスも同様のウィルス感染をもたらすと思われ、
予防効果の発揮が期待されます。




さらに、机など直接手を触れるような部分への洗浄も行っています。
次亜塩素酸水は表面や空間の細菌・ウィルス除去のため使用しておりますが、
さらにエタノールを用い万全を期しています。

ウィルスはタンパク質の殻で覆われた構造をしていますが、
エタノールはこのタンパク質を分解する性質があるので、
次亜塩素酸による除去でも残ったウィルスがあった場合
エタノールで直接破壊することを意図しています。

さくらさくら

桜前線北海道に上陸しましたね。
見頃はいつごろになるでしょうか。

発寒教室内に咲いていますよ~🌸
こちらは卒業生からのメッセージ。
アートボード 1-100
ぼかしを入れさせていただいているので、一部抜粋(原文のまま)。

・今まで1年間頑張ってきたことが、本番で発揮できてよかったです。自分を信じて最後まであきらめなければ結果がいい方向へいくと思うので、後はいたちもあきらめずにがんばってほしいです。
励みになりますね!

・受験は今まで思っていたよりも厳しくて大変なものだったけど、合格することができました。
合格おめでとう!

・授業を受けたその日に復習をすること。
とても大事なことですね!

・早いうちから受験勉強や、テスト勉強などをするようにしてください。自分の志望校に合格できるよう頑張ってください。
 早いうちから…きたがくなら大丈夫!


実際に受験勉強を頑張った生徒さんの沢山のメッセージ。
今年も全員合格。桜がまた増えますね🌸

中1・中2生、受験生をお持ちの保護者様。
進路相談もお受けしておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

2022年度からの新しい高校入試制度

こんにちは、則武です。

来年から公立高校の入試制度が大きく変わるとすでに発表されておりましたが、
このたび具体的な内容が明らかになってきました。
今日はその内容を見ていきたいと思います。


まず、早い段階から発表されていたのは主に以下の内容でした。

①裁量問題の廃止(入試問題の一本化)
2009年度入試からいわゆる上位校受験者の得点差対策として実施されてきた「学校裁量問題」が廃止されます
②得点の変更
北海道では長らく各教科60(計300)点満点でしたが、100(計500)点満点になります
③試験時間の延長
各教科の試験時間が45分から50分に延長されます


そしてこのたび、以下のような内容もわかってきました。

④解答用紙のサイズがB4からA3に変更
従来より一回り大きくなります
⑤英語聞き取りテストの配点拡大
従来の25%→30~35%(60点中15点→100点中30~35点)になります
⑥英語聞き取りテストの読み上げ回数変更
これまではすべて英語を2回ずつ読んでいましたが、
1回しか読まれない問題が出題されます
⑦相関表の得点配分を変更
内申ランクと入試得点を使用する相関表のうち、
横の列になる得点の区切りが12点ごとから20点ごとに変更されます
⑧内申ランクの算出方法は変更なし
従来通り、1・2年を2倍、中3を3倍の合計(315点満点)は変わりません
また定員の70%を総合判定、15%を学力重視、15%を内申重視というのも変更ありません

このほか、
・実技など(面接・実技・作文)から作文を削除
・定時制に自己推薦入試導入

などがあります。


細かい解説については別途項目ごとにさせていただきたいと思いますが、
全体としては入試本番の重要性が非常に高まっていること、
総合的な能力が求められ、試験の対策や実戦訓練が重要であるといえそうです。
07 | 2021/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR