きたがく 塾ブログ 新琴似教室
FC2ブログ

面談でご質問いただいたこと

こんばんは、則武です。

いよいよ公立高校入試まで1週間ですね。
緊張感も高まってきました。



一方で学年末テストの結果が戻ってきて、順次見直しなども進めているところです。
先日挙げさせていただきましたが、今年度は特に計画性が求められます。
しっかり新しいスタートを切りましょう!


さて、ちょうどこの期間に保護者面談を行わせていただいています。

その中で、時期に合ったご質問がありましたので、ここでご紹介します。


学校の配置計画等に関すること

地域内にあるD~Fランクの学校は、よく志望校として挙げられることも多く人気です。
そしてそれらの学校についてご心配されていることが多いのが、
「定員の削減」
「学校の統合」
「倍率の変化」
などです。

ちょうど今年度の出願倍率が出ている時期でもありますので、
そのデータを見た上での分析などもさせていただいています。

実は、倍率の変化による合格最低点の変動は、そこまで大きくありません。
ですから、まずはしっかりデータに沿って最低ラインをクリアしていることが重要になります。

また道教委が出している学校配置計画についてもご説明する機会が多いです。
特に「こことここが統合されるって噂なんだけど…」として伺う内容は、
多くが本当に噂の範囲で、現時点でその計画がないことが大半です。

一方で、周囲の学校との関係から、
近いうちに再編が行われそうな場所があるのも事実。

こういった点について、ひとつひとつご説明しています。


今後もさまざまな形で、ご相談をお受けできればと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします!

ついに本番スタート!

こんばんは、則武です。

今日は、私立高校一般入試A日程。
多くの中学校3年生が、初戦を迎えました。



さっそく、教室に持ってきてくれた問題を使って解説・分析です。

私立高校は学校ごとに問題が異なるので、
一度に複数の学校を確認したりするのですが、
中にはほぼ同じような設問があったりなどもしました。


そして、実際に受験したメンバーはというと、

「あぁ、ここできてない…」「これ、できなかったなぁ」

などと、できなかったトコロ探し。

それ自体はとても大事なんですよね。
先日も挙げましたが、試験はすべて経験の積み重ねが重要。
これまでどんなに頑張ってきていても、
本番の雰囲気に飲まれたり、普段と違う環境に戸惑ったり、
いろいろな理由で100%を発揮するのは難しいこと。
ただそれは誰でも同じなので、
まずはきちんと見直しをし、次に活かすことが大切なのです。
そしてそれは、できたトコロを確認することも同じようにやるべき。

ですが、どうしても自分ではできていないトコロだけに目が行きます。
そして、ダメなんじゃないか…と不安に駆られるのです。
しかも、特に難しい問題ばかりに目が向いてしまいます。

そのような様子を見て寄り添い、
客観的に判断するのが私たちの役目。

「これはやっぱり出るね。公立に向けてもう一回チェックしておこうよ」
「これだけできれいれば大丈夫だよ!自信を持って!」

あと2週間ほど。
一緒に歩んでいきましょう!

学校ワークを有効に使おう

こんばんは、則武です!

中2以下のみなさんは、学年末テストまで約1ヶ月ですね。
準備の方は進んでいますか?



「学校ワークはやってあるかい?」
「やってあります!」
「どれ、見せてごらん!」

(きれいに書き込みがされているワークがそこにあります)

「一回やってあるね。じゃあ、これは繰り返し学習してある?」
「いや、まだやってないです」
「どうやってやったらいいと思う?」
「でも。書き込んであるから…」

そうなんですよね。
多くの学校ではワーク点検があるので、
提出用の別冊がない場合は、書き込みがなされていることが多いんです。
これが、繰り返し学習を阻害している面もあるんですよね。

「じゃあ、ノートに写してやってみようよ」
「えー…」

これを渋る生徒もいっぱいいます。
まずほとんどは、時間がかかることを嫌がるんですね。

全部写そうとするからです!


勉強をする時間は、どう頑張ったって限られています。
要は、強弱の問題なんです。
できていないところから、それも基本的な事項から、取り組むのがベスト。
そのために、問題やワークの構成をよく知り、
必要な所からやって行けばいいわけです。

見ていると、やはりみなさん出来るところを繰り返す傾向があります。
そのほうがラクだからです。
でもテスト一か月前は、出来るところを増やす時間が十分にある時期。
ワークをよく見て、問題をピックアップし、
「出来るところを増やすために限られた時間で何を先にやればいいんだろう」
と考えてみましょう。

発想を転換すれば、同じものでも違う角度で見えてきます。
ぜひトライしてみてくださいね!

さぁ、ラストスパートへ!

こんばんは、則武です!

中学校3年生は学年末テストが終わりました!
いよいよ入試に向けて、ラストスパートですね!


冬休み中も長い時間学習に励んでくれたみなさんは、
引き続き授業のほか自習でも教室を訪れてくれています。

中には、開講日を求めて他の教室から遠征して来る生徒も。
冬休みは終わりですが、学習に休みなし。
残された時間を有効に使おうという姿勢は、素晴らしいですね!




とにかく入試では、
「今持っている自分の力を、最大限答案用紙に表現する」
ことが大切です。

教室では、
「とにかくいろいろな問題を取り組み、拾う・捨てる問題をはっきりさせていこう」
という話をしています。

難しい問題にひっかかって時間を費やし、
そのあとにある解答可能な問題を、時間切れで残すのは大きな痛手です。

できる問題を増やすことももちろん大事ですが、
何を重視するかを決めておく必要があるのです。


過去問や模試は、まさにこのためにあると思って頑張ってほしいです。
経験値は、「敵を倒す」だけではなく「敵を選ぶ」ためにもあるのです!


「どう?確率とかはあまりやってなかったんじゃない?」
「あぁ~…そうだぁ…」

まだ見落としはありませんか?
先生は、ふだんからどういうことを進めているか、自習でも必ず見ています。
教科・分野にかかわらず、漏れなく最終チェックを!

冬の備えを!

こんばんは、則武です!
向学のためにと思って文庫本で「古事記」を買ってみましたが、
古文と漢文のオンパレードでさすがに苦労しています!

最近は生徒からハングルの宿題も出されるようになりました。
いくつになっても勉強はできるモノ。
関心を持ったものでいいので、いろいろなことにトライしてみましょう。
きっと人生が明るくなります!

さて、いよいよ初雪が近づいたようです。
通塾においても、自転車から徒歩やご送迎に切り替わる時期ですね。

車を運転していると、濡れた路面で周囲が見にくくなることが多いです。
また冬の初めは、慣れない路面で足をとられることもあります。
徒歩で通塾のみなさんは、いつも以上に車の接近へ注意を払いましょう。
自分の姿が車から確実に見えているとは限らない、
そういった警戒心を持つことも大切です。

またお車でご送迎をされる保護者の皆様は、
路面に十分注意をしてお越しください。
また、ご送迎の車の台数が増えて、
駐車の際にもお気遣いをいただくことも多くなるかと思います。
周囲の状況にお気をつけいただくとともに、ご配慮をいただけると幸いです。
またお子様方が乗降者をされる場合も、
前後をよく確認されるよう、ご出発の際にお声かけいただけますよう
お願い致します。

冬に向けて、万全の備えを!
10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR