きたがく 塾ブログ
FC2ブログ

テストも終わって

こんにちは!

さて、中学生は定期テストも終了し、結果が返ってきている頃でしょうか。

江別中央教室では、テストが終わってすぐでも気を抜かず、
多くの生徒が自習として教室を活用してくれています!

テストの振り返り解き直しをしている生徒が多く、
分からなかった問題の質問もあります。

テストで分からなかった所を分かるまで解くことって大切ですよね!

そうやって多くの生徒の実力が付いていって欲しいです。

20181119105534963.jpeg

たかが副教科 されど副教科

こんにちは!

外は夏と秋が行ったり来たりしており、北海道らしい風情をしみじみと感じている今日このごろです。

さて、今回のテーマですが
「たかが副教科 されど副教科」です。

ご存じの方も多いと思いますが、ほとんどの中学校では、前期と後期に副教科の筆記テストを行います。
よって、前期の副教科の評定が書かれた通知表をもらっているわけです。(※学校によっては、2学期終業式に渡す場合もあります。)

どこの塾でも当たり前ですが
「定期試験のテスト範囲表」
「得点通知表」
「評定が載っている通知表」
←世間一般で言う通知表はこちらの方
これらをもらったら、すぐ塾に持ってくるよう声かけしています。
にもかかわらず、毎回塾に持ってくるのを忘れ、結局そのまま学校に通知表を返却する生徒が後を絶ちません。

今、この記事をご覧になっている保護者の方々に、あえてお伺いします…。

お子さんの内申点(学習点)とランクを今聞かれたら、すぐに答えられますか?

きたがくでは、「学習意識の持続」という観点から、生徒と一緒に期末試験の目標を立てています。
ちなみに、発寒教室では…
①「今のランクより一つ上のランク」を目標にします。
②「一つ上のランクに上げるには、一学期の評定に対してあと何点評定を上げればよいか」を伝えた上で、どの教科をどれくらい上げるのか生徒と一緒に決めます。

(例:国語 一学期「3」→二学期目標「5」)

この時、副教科の最新の評定が分からないと「あと何点評定を上げたら、ランクが一つ上がるのか」講師が把握できません。
内申点(ランク)の計算は、9教科の合計を基にしています。
つまり、最新の9教科の(国数社理英は一学期の)評定が分からなければ、今度の期末試験の目標設定そのものが出来なくなるということです。


何事においても「目標なき取組み」では成果は得られません
(´・ω・`)ショボーン


つい入試5教科(国数社理英)の成績だけを意識しがちですが
保護者の方は、副教科の成績や現時点でのランクを今一度しっかりと把握した上で、家庭学習を応援してあげてください。
まだ、副教科の通知表を「きたがく」の先生に見せていない生徒は、早く見せてね♪


illust2094.png

学力テストB対策模試

こんにちは!

今週末は来週の学力テストBに向けて、きたがくの各教室で対策模試が行われています。
15072845960.jpeg

4連休の人が多いと思いますが、受験勉強にお休みはありません(笑)
この休みを利用して模試の復習定期テストの準備を進めましょう!
15072845250.jpeg


志望校の目標点数を意識しながらコツコツと勉強して下さいね💡

身近な英語から楽しく覚えよう!

こんばんは。
今回は、英語が苦手という人向けのお話しです。

最近は小学校でも英語が必修化となるなど、中学生になる前に英語に接する機会が増えていますが、いざ中学生となると「書く」勉強が中心となるので、単語や文法を覚えたりするのが大変で英語が苦手になるという人も多くいます。
そして中1の段階で英語に対して苦手意識を持ってしまうと、その後もずるずると引きづってしまいがちです。

そこで、英語を少しでも楽しく勉強することができるようになる方法として、「自分の身近にある英語の意味から覚えていく」と良いです。

例えば、自分の好きな歌手のグループ名や、その曲の中に出てくる英語の歌詞の意味を調べてみましょう。

「dreams come true」は「夢は叶う」
「I miss you」は「あなたが恋しい」

など、英語の意味を知るとより歌詞の理解が深まりますし、それが英語の勉強にもつながってくるので一石二鳥ですね!

最近だと中2英語で「if」を使った文法を解説する際に毎回「DA PUMP」の話を持ち出すのですが、ほとんどの生徒がポカーンとした顔をするので、その度にジェネレーションギャップを感じています(´・ω・`)

その覚えた英語がすぐテストに出て点数につながる、というわけではありませんが、そういった身近な英単語から興味を持ち始めたり、英語が好きになるきっかけとなればいいなと思っています。

自分の好きな映画や本のタイトル、バンドの名前など何でもよいので、身近なものの英語の意味を調べてみましょう!

過去問を解くと

こんにちは!江別中央教室からです!

最近の江別中央教室では、過去問をやっている生徒さんが多くいます。

「今までよりもいい結果だったよ」
「この問題って最近やった問題ですよね?」


模試や過去問を解く回数が増えることによって結果の傾向が分かったり、今まででは自分の習った範囲で解ける問題なのかの見極めが難しい分野の見極めもできるようになってきています。

受験に向けてどんどん成長していますね。

過去問をやることによって、どんな問題が出やすいのか、自分が苦手なところはどこなのか、さらに自分の実力は今どの程度なのかも分かってきます。
過去問は効率のよい勉強法だと思うのでたくさん過去問をといて解けなかった問題の解き直し、復習をしっかりとやると実力がついてきますね。


08 | 2020/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR