きたがく 塾ブログ
FC2ブログ

発想の転換!

こんにちは! 突然ですが、マンガなどでもありますよね?
扉を押しても引いてもびくともせず、
誰がやっても開かなかったのに、
横にスライドさせたらあっさり開いたとか…。
こうした発想の転換は大事です。


授業中にこんなことがありました。


「あの、このプリントが全然わからなくて…」
と出してきたのは学校で配付されたと思しきプリント。
内容は、中2の分野である連立方程式の文章問題です。
まぁ、多くの生徒が苦労している問題ですね。

中3のこの時期に中2の復習をがんばっている彼女に感心しつつ、
「じゃあ、僕も問題は所見だから、いっしょにやってみよう」
と声をかけました。

彼女は恐らく、私が一問一問解説すると思っていたんでしょう。
ですが、


「りんごとなしを合わせて9個」
(○+○=○ と、空きスペースに記入)
「合計1710円」
(○+○=○ と、その下に記入)
「ここまで、おっけー?」
「はい」
「……式、もうできてるんだけど」
(両方の式を{ でつなげる)
「!!??……あっ…!」
(ホントだ…!という顔)
「じゃあ、丸の中に数字とエックスを入れてみよう」
「……。」
(スラスラと正しい内容を書き込む)
「できました…!」
「じゃあ、次の問題ね」
「えええ!!??」
(式ができたのに解かないの!?という顔)

…この調子で、図にしていくこと4問、
「じゃ、あとは計算してみよう!」
…見事全問正解


彼女にとって驚きだったのは、
・図にしたらこんなにわかりやすかったということ ・
一問一問解かず、全部立式→全部計算という、今までやらなかった手法をとったこと
・わからなかった問題が、あっという間に全部できてしまったこと

だと思います。

そんなに時間はかかっていません。
すごい技も使っていません。
ただ、ふだん絶対やっていないだろう方法で進めて見せただけです。
そしたら、それが彼女に合った、ということなんですね。


自分にはできない…そんなことはないです。
発想を変えれば、自分に合う方法は見つかるハズ。
でも、それがすぐ見つかるとは限りません。
努力を続けることは、力のアップだけではなく、
こういうことにも意味があるんですね。

始めよう、テスト対策!

こんばんは、則武です!

ゴールデンウィークも終わり、学校の勉強も本格的に動き出しますね。


今日お話ししたポイントは、こちら。

「去年のテスト範囲表を見て、今のうちに対策を始めよう!」



テスト範囲表が発表されるのは、試験の約2週間前。
5教科の対策を15日前から始めるとすると、
15÷5=3日間。
1教科あたり、3日分しか余裕はありません。

写真の例でいくと、
数学の試験範囲は教科書で51ページ分。
1日あたり、51÷3=17ページ分です。

…いったいどれだけ根詰めて勉強すればいいんでしょう?
間に合わないのは間違いありませんね?


そこで、昨年以前の試験範囲表が参考になるわけです。
どのくらいの量があって、どのような内容を求められるのか。
まったく同じものが出るわけではありませんが、
花川などは複数の学校の試験範囲表もあるので、
どのような内容が確実に出るかは十分に把握できます。


教室でもそうですが、おうちでの学習にも参考になるかと思います。
トレスタでの演習内容にも盛り込めればいいので、
声をかけさせていただいています。


さっそく、自分の学校の範囲表をめくって、
学校ワークに取り組む姿が見られました。
何事も、早め早めに!

さくらさくら

桜前線北海道に上陸しましたね。
見頃はいつごろになるでしょうか。

発寒教室内に咲いていますよ~🌸
こちらは卒業生からのメッセージ。
アートボード 1-100
ぼかしを入れさせていただいているので、一部抜粋(原文のまま)。

・今まで1年間頑張ってきたことが、本番で発揮できてよかったです。自分を信じて最後まであきらめなければ結果がいい方向へいくと思うので、後はいたちもあきらめずにがんばってほしいです。
励みになりますね!

・受験は今まで思っていたよりも厳しくて大変なものだったけど、合格することができました。
合格おめでとう!

・授業を受けたその日に復習をすること。
とても大事なことですね!

・早いうちから受験勉強や、テスト勉強などをするようにしてください。自分の志望校に合格できるよう頑張ってください。
 早いうちから…きたがくなら大丈夫!


実際に受験勉強を頑張った生徒さんの沢山のメッセージ。
今年も全員合格。桜がまた増えますね🌸

中1・中2生、受験生をお持ちの保護者様。
進路相談もお受けしておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

身につけてこそ、ですよ!

こんばんは、則武です!

今日は、先日の授業でのひとコマです。


宿題で、英単語の練習を指示していました。
英単語の学習といえば、もちろん覚えてくることが重要です。
これは、大人であれば当然だと思われるでしょう。

でも実は、あえて
あまり細かいことを言わずに送り出したのです。
だいたい結果は分かっていて、その後の話を見据えて…。


そして、次回授業での宿題チェック。


「はい、じゃあ宿題チェックするよー」
「せんせーせんせー、
やってきました!見てくださいコレ!」

(と、ノートを見せる)
「(やっぱりだな…ニヤリ。)あ、それはいいのよ」
「は?」
「じゃあ、単語のテストするねー」
「ええぇぇぇ?(ガーン!)ちょ、ちょっと待ってくださいよ、せんせー!」
「はっはっはー。何のためにその宿題出したと思ってんのサー(ニヤニヤ)」
「じゃ、じゃあ、練習の時間下さい!」
「そうだねぇ?それだけじゃ覚えてないよねぇ???」


彼の名誉のために結果は語りませんが、
ちょくちょくチェックしないと、
こういうことは起きるんですね。
宿題とは、やって来ることが目的ではありません!
単語であれば、覚えるまで繰り返すのが宿題デス!


学校のワーク等も、そうなっている人が多いのでは?
テスト範囲に書いてある学校ワークの範囲は、
「書いて出す」が目的ではありません!それは最低限!
身につけて繰り返すまでが課題なのです。


テストまでまだやや期間がある中、
こういったことのチェックにも力を注いでいます。
もちろん何度もやってきてるんですけど、
人間というのは慣れてしまいますから、
そのうち意識が抜けるんですね。
だから、時々チェック!

こうした確認も、塾の役目です。

一期一会!!

花川教室則武です。


暖かくなったり寒くなったり、
はっきりしない天気が続いていますね。
生活リズムが変わる時期です。
みなさん、体調には十分お気をつけください。


今年はコロナウイルスの関係で修学旅行が微妙な状況ですが・・・



修学旅行は学校行事。
「見学旅行」と呼んでいるところも多いように、
あくまで学習の一環です。
訪れる場所には、ちゃんと意味があるのです。
ふだんの勉強と同じように、
しっかり予習をして臨みたいものですね。

旅行の行き先には、大人になってからだと
なかなか訪れない場所もたくさんあります。
実際、私も大人になってから
何回か京都に行く機会がありましたが、
一度として金閣や清水寺を観る機会に恵まれていません。
また、行った後になってから
「あぁーっ!ここにはこんな史跡があったのか!
行っておけばよかった!」

と思うことも多々ありました。
以来、私は旅行の前に
きっちり予習するようにしています。


せっかくの旅行です。
精一杯楽しむとともに、
さまざまな知識・知見を得て、
実りあるものになるようにしてくださいね!

04 | 2021/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

個別指導塾 きたがく

個別指導塾 きたがく
札幌・石狩を拠点にした個別指導塾きたがくの塾ブログです!
教室情報や授業情報…だけじゃない、講師の意外な一面が見えちゃうかも!?しれないブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
事務局 (105)
新琴似教室 (23)
屯田中央教室 (36)
花川教室 (75)
大曲教室 (14)
発寒教室 (69)
札苗北教室 (8)
江別中央教室 (40)
円山教室 (7)
リンク
QRコード
QR